ホーム » 製品 » 電子製品 » TransphormがAFSWウェーハファブの買収を発表

TransphormがAFSWウェーハファブの買収を発表

Posted by: castingdie 2021-08-04 TransphormがAFSWウェーハファブの買収を発表 はコメントを受け付けていません

ビジネスワイヤによると、高信頼性、高性能窒化ガリウム(GaN)電力変換製品の大手サプライヤーであるトランスフォアは、富士通との合弁会社であるAFSWウェーハファブの100%買収に成功したと発表しました。 半導体 日本の会津若松にあるリミテッド(FSL)。 この取引は、TransphormとJCPCapitalによって最近設立された合弁会社であるGanovationを通じて完了しました。

買収の完了後、TransphormはAFSWの実際の株式の25%を所有します。これは、以前の49%よりも低くなっています。 これにより、TransphormのAFSWへの直接的な資本支出が約50%削減され、GaN技術とアプリケーションへの投資を通じてより効率的な損益が達成されます。

JCPキャピタルの創設者兼マネージングパートナーであるDavidCongは、次のように述べています。 「GaNovationは、今後数年間で世界有数のGaNパワーウェーハファブであるAFSWに多額の資本をもたらし、GaNウェーハの製造を拡大するだけでなく、特により高速なベクトルで、ポートフォリオエコシステムとともにGaN製品ビジネスの成長にも貢献します。 GaNベースの高速充電器とアダプタの分野で。」

Transphormの共同創設者兼社長であるPrimitParikhは、次のように述べています。強力なIP優位性と保護を備えた統合モデル。 また、富士通セミコンダクターの長年のパートナーシップと、今後のAFSWの移行の成功を支援するというコミットメントにも感謝します。」

「FSLとAFSWは、この取引のためにTransphormおよびJCP Capitalチームと緊密に協力してきました。この取引は、GaN半導体のエキサイティングな分野でAFSWの半導体製造の強力な遺産を引き継いでいます。 FSLの社長兼代表取締役であるマガリブチカゲマサは、次のように述べています。 「FSLはまた、相互に合意した期間中、移行サービスを通じてAFSWと協力し続けます。」