ホーム » 製品 » 電子製品 » ROHMが新しいEMARMOUR™オペアンプを発表

ROHMが新しいEMARMOUR™オペアンプを発表

Posted by: Fymicohuang 2021-08-19 ROHMが新しいEMARMOUR™オペアンプを発表 はコメントを受け付けていません

ロームは最近BD8758xYシリーズを発売しました(BD87581YG-CBD87582YFVM-C)車両エンジン制御ユニットやファクトリーオートメーション機器の異常検出システムなど、過酷な環境での高速センシングを必要とする自動車および産業機器アプリケーション向けの改善されたEMI耐性を備えたレールツーレール入力/出力高速CMOSオペアンプ。

近年、電動化と装着密度の向上により、電気自動車やADAS搭載車の環境騒音が増加しています。 しかし、一般的に、自動車開発時に個々のボードやシステムの騒音評価を行うことは、組み立て後に行う必要があるため、非常に困難です。 また、大規模なEMI対策など、ノイズを低減するための改善が必要な結果もあります。

これを受けて、ROHMは2017年にEMARMOUR™シリーズをリリースしました。これは、垂直統合型の生産システムと独自のアナログ設計技術を組み合わせることで設計リソースを削減する優れた耐ノイズ性により、自動車および産業市場で高い評価を得ています。

EMARMOUR™シリーズは、特別なアプリケーション対策を講じることなく、ノイズによる誤動作を防止するように設計されています。 特に最新のBD8758xYシリーズは、11452つの国際騒音評価試験で優れた性能を発揮しています。 たとえば、自動車メーカーが実施するISO 2-XNUMX電波放射試験では、出力 電圧 新しいBD300xYシリーズが±8758mV以下を達成するのに対し、標準製品のはすべての周波数帯域で±10mV以上変動します。 同時に、CMOSエレメント構造により、ターゲット内部に設置した場合に外部ノイズの影響を受けることなく、正確で高速な信号増幅が可能になります。 センサー アプリケーション。 これにより、信頼性が大幅に向上すると同時に、異常検出システムを含む幅広いアプリケーションで設計の生産時間が短縮されます。

さらに、実際の電気的および温度特性に一致する新しい高精度SPICEモデルであるROHM RealModel IC 試作後の手直しを防ぐためのシミュレーション値は、ロームのウェブサイトでご覧いただけます。

詳細情報の訪問 https://www.rohm.com/emarmour.