ホーム » 製品 » 電子製品 » PICMGは、スマートIoT接続センサーのIoT.1仕様を承認します

PICMGは、スマートIoT接続センサーのIoT.1仕様を承認します

Posted by: Yoyokuo 2021-10-10 PICMGは、スマートIoT接続センサーのIoT.1仕様を承認します はコメントを受け付けていません

オープンな組み込みコンピューティング仕様の開発のためのPICMGコンソーシアムは、センサー/エフェクターとマイクロなどのローカルIoTコントローラー間の通信標準を定義するIoT.1仕様を承認しました センサー PICMGのIoT.0仕様で指定されたアダプタモジュール(microSAM)。 マルチベンダーのプラグアンドプレイの相互運用性をセンサーとエフェクターにもたらすこの仕様は、ほとんどのインダストリー4.0アプリケーションで必要とされるセンシングとプロファイルモーションコントロールの両方をサポートします。

IoT.1仕様は、マルチベンダーの相互運用性を可能にするファームウェアインターフェイスと低レベルのデータモデルを定義しています。 これにより、ベンダーに依存しないスマートセンサーとエフェクターの構成、およびより高いレベルのインストールとのプラグアンドプレイの相互運用性が可能になります。

PICMGは、スマートIoT接続センサーのIoT.1仕様を承認します

IoT.1仕様。 クリックすると大きな画像が表示されます。 (出典:PICMG)

コンソーシアムによると、IoT.1仕様は、オープン仕様と相互運用性を通じてスマートセンサー技術の採用を加速することを含む、XNUMXつの点で業界に利益をもたらします。 サプライヤーの場合、この仕様により、センサーベンダーはPICMIG準拠のサプライヤーからこれらのコンポーネントを購入することで制御回路やソフトウェアを製造することなくスマートセンサーを開発でき、コントローラーサプライヤーは他のサプライヤーと相互運用可能なスマートセンサーまたは関連コンポーネントを開発できます。 この仕様により、センサーとエフェクターのインテグレーターは、複数のベンダーのデバイスをマルチベンダーのコントローラーと統合することもできます。

「PICMGセンサードメインネットワークアーキテクチャおよびデータモデルと組み合わせると、MicroSAM(PICMG IoT.0)または他のコントローラーモジュールに接続されたセンサーは、プラグアンドプレイの相互運用性でネットワークにシームレスに統合されます」とPICMGはコメントしました。

IoT.1仕様は、Distributed Management Task Force(DMTF)とのコラボレーションに基づくPICMGの最初の作業成果物です。 この仕様は、プラットフォームレベルデータモデル(PLDM)仕様をDMTFから拡張して、産業オートメーションおよび制御アプリケーションの要件に対応します。

PICMGは、PLDMを、トポロジ、イベント、および検出をサポートする低レベルのメッセージングシステムとして定義しています。 これは、MCTP(管理コンポーネントトランスポートプロトコル)を介したI2C / SMBusやPCIevDM(ベンダー定義メッセージ)、NCを介したRBT(RMIIベースのトランスポート(RMII =縮小メディア独立インターフェイス))など、さまざまなシステムレベルのバス上で実行されます。 -SI(ネットワークコントローラーサイドバンドインターフェイス)。