ホーム » 製品 » 電子製品 » IC Insights:SamsungはIntelを抜いて、2年第21四半期に世界最大の半導体サプライヤーになりました

IC Insights:SamsungはIntelを抜いて、2年第21四半期に世界最大の半導体サプライヤーになりました

Posted by: Yoyokuo 2021-08-24 IC Insights:SamsungはIntelを抜いて、2年第21四半期に世界最大の半導体サプライヤーになりました はコメントを受け付けていません

による IC インサイトの最新の世界トップ10ランキング 半導体 セールスリーダーであるSamsungSemiconductorは、Intelを抜いて、世界最大の半導体メーカーになりました。

レポートによると、4.3年第10四半期に半導体サプライヤーのトップ2にランクインするには、21億ドルの半導体売上高が必要でした。 まとめると、これらの10のサプライヤーは、第2四半期の売上高が21%増加して10億ドルになり、半導体業界全体の95.5%の成長を上回りました。

IC Insights:SamsungはIntelを抜いて、2年第21四半期に世界最大の半導体サプライヤーになりました

DRAMとフラッシュメモリの需要の急増と価格の上昇に牽引されて、世界最大のメモリサプライヤであるSamsungは、半導体の売上高が19年第2四半期に21%増加して20.3億ドルになり、Intelを超えて、世界最大の半導体サプライヤになりました。 2Q21(図2)。 サムスンは以前、メモリ市場が最後の周期的な好転を経験した2017年と2018年の大部分を通じて、トップの半導体サプライヤーとしてランク付けされていました。 そして、同社は前回の記憶の好転のピーク時に、20.0年に2018億ドルを超える四半期売上高を最後に享受しました。 メモリICの需要は今四半期も続くと予測されており、サムスンの半導体売上高は10年第22.3四半期にさらに3%増加して21億ドルになり、インテルに対するリードをさらに拡大すると予測されています。

IC Insights:SamsungはIntelを抜いて、2年第21四半期に世界最大の半導体サプライヤーになりました

IC Insightsレポートは、NvidiaとMediaTekも第14四半期に上昇したことを示しています。 Nvidiaの第17四半期の2%の増加は、同社の重要なデータセンターとゲームセグメントの継続的な成長の力によるものです。 一方、MediaTekの売上高は21年第5四半期に19%増加し、2020年のCovid-21ウイルスパンデミックの際に最初に急増した16Gスマートフォンとコンシューマーマルチメディアシステムに対する強い需要に牽引され、目覚ましい売上高の伸びを続けました。メモリサプライヤーのSKHynixとMicronも四半期ごとに好調でした。売上高はそれぞれ10%とXNUMX%増加しましたが、トップXNUMXでの位置は変わりませんでした。

IC Insightsは、3年の第2021四半期にIntel、TSMC、およびQualcommの売上が1%しか増加しなかったのに対し、Broadcomの売上は19.3%しか増加しなかったと指摘しました。 インテルの第2四半期の半導体売上高は21億ドルで、他のほとんどの製品をはるかに上回っていますが、3%の成長率は主要なライバルの一部よりもはるかに小さかった。 (AMDはトップ10リストのすぐ外にランクされ、12年第2四半期の売上高は21%増加しました)。