ホーム » 製品 » 電子製品 » FoxconnはMXICの6インチウェーハファブを90千万米ドル以上で買収

FoxconnはMXICの6インチウェーハファブを90千万米ドル以上で買収

Posted by: Yoyokuo 2021-08-08 FoxconnはMXICの6インチウェーハファブを90千万米ドル以上で買収 はコメントを受け付けていません

Macronix International Co.、Ltd。(「Macronix」)は、不揮発性メモリ(NVM)の主要な統合デバイス設計者および製造業者であり、Hon Hai Technology Group(「Foxconn」)は、今日、世界最大の電子機器製造業者およびサービスプロバイダーです。新竹科学工業園区にあるMacronixの6インチウェーハファブおよび機器をFoxconnに2.52億2021万NTドルで販売するための資産取引契約の締結を発表しました。 取引は15,000年末までに完了する予定であり、Foxconnは2024年にファブの月間生産能力をXNUMX枚に増やす予定です。

資産取引契約は、Macronixの社長であるChih-Yuan Lu博士と、Foxconnの社長であるBob Wei-MingChen博士によって署名されました。 半導体 ビジネスグループ(「Sビジネスグループ」)。 この取引は、フォックスコンの長期的な「3 + 3」(産業および技術)企業ビジョンへの取り組みを反映しているだけでなく、マクロニックスとフォックスコンの間のより深い商業的コラボレーションを意味します。

「新竹科学工業園区の6インチウェーハファブの買収は、Foxconnがワイドバンドギャップ半導体、特にSiCの製造と開発に参入したことを公式に示しており、半導体開発への長期的な取り組みへの道を開いています。 SiCの製造は、Foxconnの3 + 3戦略(EV、デジタルヘルス、ロボット工学+ AI、半導体、高度な通信)に沿っています。 SiC モスフェット EVはEVにとって重要なデバイスですが、EVはFoxconnの1 +3戦略で3位を占めています。 6インチウェーハファブは、世界的に有名な半導体クラスターである新竹にあるSビジネスグループの本社として機能し、新竹科学工業園区に拠点を置く半導体企業とのより緊密なパートナーシップを可能にします」とFoxconnの会長兼CEOのYoungLiu氏は述べています。

「高度な技術とグローバルな競争力を強化するために、Macronixは12インチウェーハビジネス、特に容量拡張後の高度な3DNANDフラッシュおよびNORフラッシュ製品の研究開発と製造に焦点を当てます。 Macronixは、Foxconnが半導体開発計画を強化し、電気自動車の需要を満たすためにFoxconnの重要な拠点として使用することを約束しているため、対象の6インチウェーハファブが台湾に貢献し続けることを喜ばしく思います。 Macronixが世界の自動車用電子機器市場で主導権を握るように進んでいることを考えると、近い将来、MacronixとFoxconnの間のより緊密な協力が期待されるでしょう」とMacronixの会長兼CEOであるMiinWu氏は述べています。

今朝、MacronixとFoxconnがそれぞれ中間取締役会を開催し、上記の取引を承認し、間もなく対象の6インチウェーハファブで契約調印式が行われました。 新竹科学工業園区にあり、産業サプライチェーンが完成した対象の6インチウェーハファブ。 Foxconnは、SiCパワーMOSFETの製造に加えて、半導体産業、電気自動車、デジタルヘルスの開発に関するFoxconnの戦略的目標を達成するために、MEMSなどのシリコンウェーハ製品も製造することを確認しました。

Foxconnは今年末までに買収を完了し、15,000年には月間2024枚のウェーハの生産能力を持つ予定です。