ホーム » 製品 » 電子製品 » 6GHz帯域全体へのライセンス免除アクセスを採用するよう各国に呼びかける

6GHz帯域全体へのライセンス免除アクセスを採用するよう各国に呼びかける

Posted by: Fymicohuang 2021-08-12 6GHz帯域全体へのライセンス免除アクセスを採用するよう各国に呼びかける はコメントを受け付けていません

6GHz帯域全体へのライセンス免除アクセスを採用するよう各国に呼びかける

6GHz帯域全体へのライセンス免除アクセスを採用するよう各国に呼びかける

Dynamic Spectrum Alliance(DSA)からのレポートは、Broadcom、Cisco、Facebook、Google、Hewlett Packard Enterprise、Intel、およびMicrosoftとともに、6GHz帯域全体へのライセンス免除アクセスを採用するよう各国に求めています。

報告書は、そのような動きは経済を改善し、デジタルデバイドに対処し、技術革新を加速するのに役立つだろうと述べています。

「Wi-Fi6Eテクノロジーの準備が整い、1200GHz帯域で6MHzへのライセンス免除アクセスを可能にすることのメリットは、世界中の国々に即座に影響を及ぼします」とDSAの社長であるマーサスアレスは述べています。 「ライセンス免除のRLANテクノロジーの6GHz帯域を開くことに向けた世界的な勢いは爆発的に高まっています。 5925-7125 MHz帯域は、ブラジル、大韓民国、米国、サウジアラビア、ペルー、カナダで開かれ、さらに多くの国が追随の過程にあります。」

レポートによると、規制当局は、世界のGDPの6%近くをカバーする54 GHzの規制決定と、GDPの42%近くが、ライセンス免除の使用のために6 GHz帯域全体を開放または開放することを提案し、驚くべき迅速な合意に達しました。 これは、一部には、政府がブロードバンド接続が市民の生活、経済の状態、および全国的なブロードバンド接続の展開をサポートする上で果たす重要な役割を認識しているために起こっています。

レポートによると、6 GHz帯域全体をライセンス免除の使用に割り当てると、重要な経済的利益が得られます。 Wi-Fi Allianceは、Wi-Fiが世界経済および国内経済に与える影響についてTelecom Advisory Servicesと徹底的な調査を実施し、規制当局が6 GHz帯域全体をWi-Fiに開放すると仮定して、世界経済で3.3兆ドルのWi-Fiを利用できると結論付けました。 2021年の世界経済への価値は4.9年には2025兆ドルに上昇します。

アプリケーションがより帯域幅を消費するようになり、データ需要の増加に伴う接続デバイスが急増し続けるにつれて、デジタルエコシステムの持続可能性は、Wi-Fiなどのライセンス免除テクノロジーに依存しています。 同時に、固定およびモバイルブロードバンドネットワークは、ファイバーの進化と4Gから5Gへの移行に伴い、より高速でより多くのデータを必要とし続けています。

レポートによると、6 GHz帯域全体をライセンス免除テクノロジーに開放することは、イノベーションを促進するための重要なステップであり、規制当局に次世代のライセンス免除テクノロジー(Wi-Fi 7、5G NRなど)でスペクトルを利用できるようにすることを求めています。 -U)自国をイノベーションの最先端に位置付けたままにします。

Wi-Fi 7はイノベーションを後押しし、拡張現実、仮想現実、ホログラフィック、触覚システムなどを含む次世代のアプリケーションの出現を解き放ちます。

レポートを読むには、以下のリンクをたどってください。