ホーム » 情報 » (Intelは第2四半期の収益を発表し、10四半期連続で予想を上回っています)

(Intelは第2四半期の収益を発表し、10四半期連続で予想を上回っています)

Posted by: Yoyokuo 2022-05-12 (Intelは第2四半期の収益を発表し、10四半期連続で予想を上回っています) はコメントを受け付けていません

本日、インテルコーポレーションは今年の第2四半期の収益レポートを発表しました。 財務報告によると、GAAP規則では、第2四半期のIntelの収益は前年比で横ばいの196億ドルであり、非GAAP規則では、第2四半期の総収益は185億ドルで、前年比2%増加しました。前年比で、10四半期連続で予想を上回りました。 。 具体的には、IntelのPCおよびMobileyeの事業収益は、第2四半期に過去最高を記録しました。

インテルの第2四半期の収益では、CCGクライアントコンピューティング部門の収益は前年比6%増の101億ドルで、予想を約100億ドル上回りました。 その中で、パソコン事業は急成長し、出荷も増加しました。 33%。 DCGデータセンター部門の第2四半期の総収益は65億ドルで、前年比で9%減少しましたが、前四半期からは16%増加しました。 部門の収益も予想を上回りました。

さらに、第2四半期のモノのインターネット部門のIOTGの収益は前年比47%増の9億8,400万ドル、自動運転部門のMobieyeの収益は前年比124%増の3億2,700万ドルでした。年間、NSG非揮発性ストレージソリューション部門の収益は11ドルで前年比34%減、プログラマブルソリューションセグメントの収益は4億8600万ドルで前年比3%減でした。

インテルのさまざまな部門の第2四半期の収益は比較的良好であり、いくつかの主要なビジネスユニットの収益は予想を上回っていたため、インテルは通年の収益予測をGAAPルールに基づく770億ドルから776億ドルにさらに引き上げました。 非GAAPベースの収益は735億ドル、GAAP EPSは4.09ドル、非GAAPEPSは4.80ドルでした。

今週、Intelが所有するMobileyeは、ニューヨークで自動運転テストを実施した最初の企業になりました。これまで、東京、パリ、上海、デトロイトの自動運転タクシーのフリートで自動運転技術をテストしていました。 Mobileyeから提供された情報によると、完全自動運転技術のビジネスは早ければ来年に出現すると予想されており、Mobileyeはこのシステムを商用の自動運転タクシー事業者に販売する予定です。

業界の研究機関の調査データによると、エピデミックによるPCの異常な需要は現在減速しており、徐々に正常な需要に達しています。 需要が徐々に減少しているだけでなく、チップの不足も販売の減速の主な理由となっています。 以前、Intelはヨーロッパに新しいチップ工場を建設するために200億ドルを費やさないと発表し、工場は複数のEU加盟国に散在し、計画に経済的および政策的支援を提供するためにEU諸国に勝利することを望んでいました。 。

インテルは、インテルがEUに新しいチップ工場を建設することに成功すれば、EU​​全体に利益をもたらすと信じており、複数のEU加盟国でのチップ生産をサポートする関連施設やサービスに拡大することが期待されています。