ホーム » 情報 » (55 MHz〜15 GHz、シングルチップ周波数シンセサイザは低位相ノイズとスプリアス性能を提供します)

(55 MHz〜15 GHz、シングルチップ周波数シンセサイザは低位相ノイズとスプリアス性能を提供します)

Posted by: Yoyokuo 2021-12-20 (55 MHz〜15 GHz、シングルチップ周波数シンセサイザは低位相ノイズとスプリアス性能を提供します) はコメントを受け付けていません

「「ADIは、航空宇宙および防衛、無線インフラストラクチャ、マイクロ波ポイントツーポイントリンク、テストおよび測定、衛星端末などのさまざまなアプリケーションをサポートするために、優れたパフォーマンスと柔軟性を提供する統合VCOを備えたブロードバンド周波数シンセサイザを開発しました。 ADF5610は、フラクショナルNアーキテクチャを使用して、57 MHz〜14.6 GHzの周波数を生成し、シングルチップ周波数シンセサイザの中で最も低い位相ノイズ性能を実現します。 複数の狭帯域、GaAs VCO、PLLを使用する代替ソリューションと比較して、ADF5610は消費電力が50%少なく、サイズが小さく、ボード設計がシンプルであるため、部品表のコストを削減し、市場投入までの時間を短縮できます。

「「

ADIは、航空宇宙および防衛、無線インフラストラクチャ、マイクロ波ポイントツーポイントリンク、テストおよび測定、衛星端末などのさまざまなアプリケーションをサポートするために、優れたパフォーマンスと柔軟性を提供する統合VCOを備えたブロードバンド周波数シンセサイザを開発しました。 ADF5610は、フラクショナルNアーキテクチャを使用して、57 MHz〜14.6 GHzの周波数を生成し、シングルチップ周波数シンセサイザの中で最も低い位相ノイズ性能を実現します。 複数の狭帯域、GaAs VCO、PLLを使用する代替ソリューションと比較して、ADF5610は消費電力が50%少なく、サイズが小さく、ボード設計がシンプルであるため、部品表のコストを削減し、市場投入までの時間を短縮できます。

ADF5610は、ADI独自のSiGe BiCMOSプロセスを使用して製造されており、+ 6 dBmのRF出力電力、高いシステム変調帯域幅、および非常に低いビット誤り率を提供します。 そのVCO位相ノイズは、業界をリードするレベル(10 GHz動作周波数、100kHzオフセットで-114dBc / Hz、100MHzオフセットで-165dBc / Hz)であり、232 dBc / Hzエンドの低い正規化位相ノイズです。 適切なループフィルタを使用すると、統合PLLは高速周波数ホッピングと30μs未満のロック時間を実現できます。 整数境界スプリアスは通常、45dBcの帯域内よりも優れている可能性があります。 レベルは通常、-45dBc帯域を超えています。

周波数シンセサイザは、制御ソフトウェアと統合SPIインターフェースを介してプログラムでき、1.8 Vロジックと互換性があり、ハードウェアとソフトウェアのシャットダウンモードがあります。

ADF5610は、アナログ、デジタル、およびチャージポンプ回路用の個別の+3.3 V電源と、VCO用の+ 5V電源によってバイアスされます。 ICは7mm x 7 mm LFCSPにパッケージ化されており、動作温度範囲は-40°C〜 + 85°Cです。

簡単に設計でき、ADIの包括的で使いやすいPLL周波数シンセサイザの設計およびシミュレーションツールであるADIsim-PLL™によって完全にサポートされています。 ADIsimPLLを使用すると、設計者は位相ノイズ、ロック時間、ジッター、およびその他のパラメーターを評価できます。