ホーム » 製造ガイド » 機械加工 » 長軸部品-「ハオ」加工の新しいプロセストータルソリューション

長軸部品-「ハオ」加工の新しいプロセストータルソリューション

Posted by: castingdie 2021-10-02 長軸部品-「ハオ」加工の新しいプロセストータルソリューション はコメントを受け付けていません

長いシャフトを回す作業では、技術内容は比較的高く、特に細いシャフトを回すには困難です。 クランプ方法では、より一般的な方法を使用すると、加工の難易度が高くなり、加工中にワークピースが変形しやすくなり、完了できない場合があります。一般に、長軸部品には、寸法精度、形状精度(円筒度)、または表面粗さが高いことが求められます。これらの精度要件を満たすために、従来の処理が使用され、生産能力は高くなく、プロセスは複雑であり、設備コストは高くなります。 ホーカーの鏡加工装置である「ハオ」と呼ばれる新しいプロセスがあり、これは研削を旋削に置き換え、長軸ミラーを1つのセットアップで簡単に実現できます。

ホッコネンのプロセスの後。 長軸ワークピースのミラー効果を処理できます(表面粗さRa値<0.2μm)。ワークの表面硬度は20%以上増加します。長軸部品加工の精度を確保するのが難しいという問題を解決します(弾性心押台、工具ホルダー、ゼロフォース機構などを使用)。ワークの耐摩耗性と耐腐食性が50%以上向上します。ワークの表面は強化されており、その疲労寿命は数倍延長できます。適合するシーリングリングの寿命を延ばします。高効率、環境保護、省エネ、高品質。
 

Hokkonenプロセス全体的なソリューション1
荒削り->微削り->ほここね加工
旋盤でのシャフトの荒い回転と細かい回転の後、ホッコネンの機械は「ハオ」になりました。
このソリューションは、高精度の要件を備えた光軸ワークピースに使用できますが、非常に高い粗さの要件(短いステップのワークピース)も使用できます。 顧客は、旋盤の従来の機械加工プロセスをアップグレードしました。
 

Hokkonenプロセス全体的なソリューション2
荒削り  -> 粗研削->ホッコネン加工
旋盤による粗旋削加工が完了した後、加工研削盤が粗研削を完了し、ホッコネン工作機械が「ハオ」を完了します。 このソリューションは、非常に高い精度と粗さを必要とするワークピース(または段付きシャフトを備えた短いワークピース)に使用できます。 既存の旋盤では、研削盤の伝統的な加工技術のアップグレード。

Hokkonenプロセス全体のソリューション3
荒削り  ->ファインターニング->ホッコネン加工
すべての処理は、複合ホッコネン旋盤による1つのセットアップで行われます。 このソリューションは、高精度要件でありながら非常に高い粗さ要件を持つ光軸ワークピース(短いステップのシャフトワークピースでも加工可能)の加工に適しています。

Hokkonenプロセス全体のソリューション4
荒削り->微削り->荒削り->ホッコネン加工
これは、1つのセットアップで完全に搭載されたHokkonen複合車によって機械加工されます。 このソリューションは、非常に高い精度と粗さの要件を備えた光軸ワークの加工に適しています(短いステップのシャフトワークの加工にも使用できます)。

Hokkonenプロセス全体のソリューション5
荒削り->微削り->ほここね加工
すべてのシャフト加工は、複合ホッコネン旋盤装置による1回のクランプで完了します。 ただし、このマシンには、Hokkonenツールの制御専用の追加のシャフトがあり、1つのセットアップで細長いシャフトのワークピースの加工を完了します。