ホーム » 製造ガイド » 機械加工 » 鋳造アルミニウム合金A356の仕上げ旋削加工

鋳造アルミニウム合金A356の仕上げ旋削加工

Posted by: castingdie 2021-07-21 鋳造アルミニウム合金A356の仕上げ旋削加工 はコメントを受け付けていません

材質:A356鋳造アルミニウム合金;
プロセス:旋削、掘削、リーミング、タップ
クライアント:中国Huanengグループ有限公司
配達時間:8日

製品の部品は次のとおりです。

製造工程:No.1外径切削工具を粗削り、精削りに使用し、No.4カッターの使用を切る;工具交換点をX50、Z100に設定。 加工プログラムは、GSK-980Tシステムの必要条件に従って準備してください。

プログラミング設定
O 1002 ; 説明:
N10 G50 X50 Z100 ; ツールチェンジポイントを使用したワーク座標系の位置決め
N20 M3  S560 ; スピンドルスタート
N30 T0101 ; 1号ナイフを交換する
N40 G0 X25 Z2 ; 迅速に処理の開始点を入力
N50 G71 U0.8 R0.5 ; 円筒荒削りサイクルを実行する
N60 G71 P70 Q140 U0.5 W0.2 F100 ; 残り容量X0.5 Z0.2、送り速度100 mm / min
N70 G0 X4.307 ; 輪郭線の始点
N80 G1 Z0 F30 ; 完全な送り速度30
N90 G3 X8.268 Z-1.722 R2 ;  
N100 G1 X12 Z-15 ;  
N110 W-5 ;  
N120 X14 ;  
N130 G2 X23.5 Z-30 R15 ;  
N140 Z-45 ; 等高線処理終了線
N150 G70 P70 Q140 ; 完了サイクルの実行
N160 G0 X50 Z100 ; ツールポイントに戻る
N170 T0404 ; No.4カッターを交換する
N180 G0 X26 Z-36 ; 位置決めスロット開始点
N190 G1 X18 F10 ; スロット
N200 G4 X4 ; 溝の底で4秒間停止する
N210 G0 X26 ;  
N220 Z-40.1 ; 0.1mmの余白を残して切断開始点を配置する
N230 G1 X12 F15 ;  
N240 G0 X20 ;  
N250 Z-39 ; 面取りの開始点まで後退
N260 G1 X16 Z-40 F10 ; 回転面取り
N270 X0 F10 ; 切削、送り速度10mm /分
N280 G0 X50 Z100 ;  
N290 M5 ; ツールポイントを交換してスピンドルを停止する
N300 T0100 ; 基準ナイフに戻ります
N310 M30 ; 終了プログラム

お車の注意:
1)義務保证铸造時的车种刚性、一般的来来、较大金部分应用创始动作、
  2)建設機械の前進、後続の工事の変更。
3)精密旋転螺刻时间、一般的な情报下、非无所得处理后处理。
4)钻孔前、工事端面应用平整、その他必要、首先钻中心孔。
5)钻深孔时、通常是第一个孔导孔。
6)车头(Φ10 – Φ20)mm穴、刀柄径加工孔直径0.6-0.7倍;Φ20mmの穴、通常のアプリを使用してください。

7)复动多头螺刻或は多头身时间、调整复轮后进行试切。
8)自転車の椅子を使用して、車椅子の床の上に座って、机の上に立てる。加工工程中に、先端の工具の磨耗と工作跡の大きさと表面粗度。
9)在立方车床上、转动时、调整机架时、不要移动横梁。
10)当然のことながら、表面具合は公差、失業中の完成車である。
11)旋回正旋回坯時は、必然的に1つの瞬間に終了しなければならず、必要な措置が講じられていなければならない。