ホーム » 材料 » » 銅陵非鉄金クラウン銅枝は「自溶製錬マット加工法」の発明特許を取得

銅陵非鉄金クラウン銅枝は「自溶製錬マット加工法」の発明特許を取得

Posted by: castingdie 2022-06-23 銅陵非鉄金クラウン銅枝は「自溶製錬マット加工法」の発明特許を取得 はコメントを受け付けていません

銅陵非鉄金クラウン銅枝は「自溶製錬マット加工法」の発明特許を取得

ガイド: 6月6日、銅陵非鉄精金銅支部の二重自溶製錬所が提案した「自溶炉製錬マットの加工方法」は、国家知的財産庁による実体審査の結果、発明特許を取得しました。

6月6日、銅陵非鉄精金銅支部の二重自溶製錬所が提案した「自溶炉製錬マットの加工方法」は、国家知的財産庁による実体審査の結果、発明特許を取得しました。

「自溶製錬+自溶製錬」工程では、自溶炉で生成されたマットメルトを水で急冷・造粒し、一部をろ過した後、自溶炉の原料として使用することができます。さらなる処理。ただし、自溶炉はマットの品質に厳しい要件があり、実際の製造工程では、自溶炉の起動・停止時や炉の状態が変動した場合に、必然的に不適格なマットが生成されます。炉に入るマットの品質が悪いと、フラッシュブロー炉の炉条件に変動が生じます。特にマットのシリカ含有量が高すぎると、フラッシュブロー炉での銅とスラグの排出が困難になります。ひどい場合には、フラッシュブロー炉が発生します。炉が停止します。したがって、マットの水焼入れ後、水焼入れマットの銅とシリカの含有量を検出し、フラッシュブロープロセス中の変動を避けるために、品質の変動が大きい非認定マットを認定マットとは別に積み重ねる必要があります。 。ただし、ヤードスペースの制限により、不適格なマットの出力が大きすぎる場合やマットの品質が悪い場合は、水で急冷したマットを継続的に保管することができず、フラッシュブロープロセスでのマットの供給に影響します。とフラッシュブロープロセス。高速製錬とフラッシュブローのための通常の生産。

上記の問題を解決するために、ワークショップでは、自溶製錬マットの加工方法を実践的に考案しました。この方法によれば、水焼入れされたマットの品質がバッチで検出され、マットは均一に積み重ねられ、積み重ねプロセス中に異なるバッチのマットが均一に混合される。認定された水焼入れマットは、認定されたマットヤードに積み重ねられ、水はろ過されてフラッシュブロー炉に送られ、処理されます。認定されていないマットのほとんどは、認定されたマットヤードに送られ、表面に均等に置かれます。スタッキング時に適格マットと混合し、フラッシュブロー処理を行いました。品質に大きな差がある少数の不適格なマットは、即時の生産と移送を実現するために、別々に処理されるか、製錬炉に戻されます。この方法は、人的資源と材料資源を節約し、積み重ねスペースを節約し、混合と拡散のステップを簡素化し、材料品質の変動または移動の遅さによって引き起こされるフラッシュブロー炉プロセスへの影響を減らすことができます。