ホーム » 製造ガイド » 機械加工 » 金型部品の設計と選択

金型部品の設計と選択

Posted by: castingdie 2021-07-24 金型部品の設計と選択 はコメントを受け付けていません

1)ダイのサイズを決定する。
ブランキングダイは一体型ダイとワイヤー切断機を使用しています。 ダイの位置がダイホルダに置かれると、圧力中心とハンドル中心とが圧力中心のデータに従って重なり合うはずである。 ディメンションは、関連する計算式に従って計算されます。

金型の厚さH = KL = 0.38×30 = 11.4(mm)
金型厚さH = 15mm
   金型壁の厚さc =(1.5~2)H =(22.5~30)mm
      鋳型壁の厚さをc = 25mmに設定する
ダイ幅B = L + 2c = 30 + 25×2 = 80(mm)
ダイ幅B = 80mmを設定する
ダイの長さL = L + 2S2 = 30 + 2×25 = 80(mm)
ダイの長さをL = 80mmに設定する
ダイの寸法L×B×H = 80mm×80mm×15mm

2)典型的な組み合わせを選択する
パンチの形状は80mm×80mm×15mmで、代表的な組み合わせは80x80x180〜220(GB2873.2-81)です。
7.2凹型設計
1)穴の位置。 レイアウトから作成した位置を取得します。
2)絞りのタイプ。 リーディングエッジサイズで得られます。
3)ブレードフォーム。 ストレートチューブタイプ、逆穴拡張、垂直壁高さ検査1-26は10mmです。
4)ピンホール。 各ネジ穴およびピン穴のサイズ、数および位置は、標準的な標準的な組み合わせGB2873.2にあります。
5)材料および技術要件。 材質はCrWMn、熱処理温度は60〜64HRC、表面粗さは下図のようになります。
6)金型部品の図面。 設計結果は、以下に示すように凹部としてプロットされている。

 

7.3 打ち抜きパンチデザイン
1)パンチチェック。 パンチの断面が大きく、強度と剛性をチェックできません。
2)パンチの構造形態。 円形インターフェースのパンチは台形で、標準GB2873.2を使用しています。 固定プレートで固定。
3)パンチの作業部分のサイズ。 リーディングエッジサイズで得られます。
4)パンチの長さを計算する。 標準GB2873.2をチェックし、パンチ固定板= 20mm、中空パッドh2 = 12mm、パンチ厚さh3 = 25mm、L = h1 + h2 + h3 = 12 + 4 + 31 = 47mmを計算します。
5)材料および技術要件。 材料はT10Aから選択され、熱処理硬さは58-62HRCである。
6)パンチ部品の描画。 金型部品の図面は、以下に示す設計結果から導かれる。

2. デザインをパンチとダイ
1)パンチとダイの肉厚。パンチとダイの最小肉厚(75-40)/2=17.5mmは、フリップチップ複合型の最小肉厚要件を満たす。
2)パンチとダイの構造形態。 ストレートタイプの場合は、ダイカットパターンを打ち抜いた位置から形状を求めます。 固定方法:ねじ固定板による固定;
3)パンチとダイの作業部の寸法。 エッジサイズの計算から得られる。
4)凸型と凹型の長さを計算します。断面h1 = 20mm、アンローディングプレートh2 = 14mm、弾性部品の取り付け高さt h3 = 20mm、アンローディングプレートが凸凹のダイ1mmよりも高く、パンチ長さが得られる固定プレートを得るには、標準的な組み合わせGB2873.2を参照してください。
L = h1 + h2 + t-1 = 53mm

5)材料および技術要件。 材質はCr12、熱処理硬さは58〜62HRC、表面粗さは以下の通りです。
6)凸部と凹部を描きます。 次の図に示すように、設計結果は凹形状と凹形状にプロットされています。

3.荷降ろし部品の設計
1)アンローディングプレートの設計
アンローディング鋼板は45鋼で作られており、焼き入れ硬さは40-45HRCです。 アンローディングプレートの輪郭はブランキングダイの輪郭と同じで、厚さは15 mmです。
2)アンローディングスクリューを選択します
4つのアンローディングスクリューがアンローディングプレートに取り付けられています。公称直径は12 mm、ネジ部はM12 * 55 mmです。アンローディングスクリューの端には、アンロードの正常な動作に十分な移動スペースが必要です。 スクリューを取り外した後、アンローディングスクリュープレートはモールドの端面の1mmを超えていなければなりません。 エラーが発生した場合は、スクリューとドレーンプレートの間にワッシャーを設置して排出スクリュープレートを調整する必要があります。

4.金型ベースおよびその他の部品を選択します
金型の外形寸法に応じて、型枠仕様が選択されます。 ガイドスリーブとガイドポストの大小2組を選択してください。
ガイドカラムd / mm×L / mmはΦ32mm×2000mmです。
ガイドスリーブd / mm×L / mm×D / mmはΦ32mm×110mm×45mmです。
上型厚さH1は40mm、後板厚さは10mm、固定板厚さは20mm、アンローディングプレート厚さは14mm、ダイ厚さは25mm、下型シート厚さは45mmである。
型閉じ高さH
H = 40 + 10 + 20 + 14 + 25 + 45-2 = 152(mm)

5、型閉じの高さとプレスの関連パラメータを確認する
5.1型閉の高さを確認する
型閉じ高さHに適合しなければならない。
Hmin-H1 + 10≦H≦Hmax-H1-5(式8-1)
ここで、Hmaxプレスの最大閉鎖高さ;
Hmin – 印刷機の最小閉鎖高さ。
H1パッドの厚さ。
選択された印刷機のJ23-25によれば、検査機のパラメータリストは、
Hmax = 320mm、Hmin = 180mm、H1 = 50mm
上記のデータを式7-1にインポートし、
140 <H <265
型閉じ高さH = 207mmの後、開放プレスJ23-25は、140mm〜265mmの範囲内の要件を満たす。