ホーム » 製造ガイド » 機械加工 » 精密超合金部品の加工

精密超合金部品の加工

Posted by: castingdie 2021-08-30 精密超合金部品の加工 はコメントを受け付けていません

超合金は約1000℃で使用される一種のエンジニアリング材料です。 それは航空宇宙、航空およびさまざまな熱処理装置で広く利用されています。 高温合金は、Fe、Ti、Cr、Ni、V、W、Moなどの高融点合金元素を多く含むので、これらの合金元素および他の合金元素は、高純度の緻密な組織化オーステナイト合金を構成する。 さらに、C、B、Nのようないくつかの元素および非金属元素は、高い硬度、低い比重および高い融点を有する金属および非金属化合物を構成し、それらはそれらの被削性を非常に悪くする。 その相対的な被削性は、45鋼のわずか5〜20%です。

切削特性
a、大きな切削力:45鋼を切削するより2〜3倍大きい。
b、高い切断温度:45鋼を切断するよりも約50%高い。

C.加工硬化が深刻:切削時の機械加工面および機械加工面の硬度が基材の硬度より50〜100%高い。
d、工具は磨耗しやすい:切削中の結合、拡散、酸化、溝への磨耗が容易。

工具材料
高速度鋼:高バナジウム、高炭素、アルミニウム含有高速度鋼を使用すべきである。
b、超硬合金:YGタイプ超硬合金を使用する必要があります。 TaCまたはNbCを含む微粒子と超微粒子超硬合金を用いることが好ましい。 YG8、YG6X、YG10H、YW4、YD15、YGRM、YS2、643、813、712、726など。
c、セラミック:鋳造超合金の機械加工において、セラミック工具はそのユニークな利点を持っています。

工具形状パラメータ
変形超合金(鍛造、熱間圧延、冷間引き抜きなど) 工具すくい角γ0は約10°である。 鋳造超合金ガンマ0は、一般に負の面取りなしで約0°である。 工具の後退角は通常α= 10°〜15°です。 荒加工時のすくい角λsは−5°〜− 10°であり、仕上げ加工時のλs = 0〜3°である。 主偏角κRは、45°〜75°である。 工具先端の円弧の半径は0.5〜2 mmです。 荒加工中は大きな値が取られます。

切削量
a、高速度鋼カッター:鋳造超合金の切削速度は約3 m /分、切削変形超合金Vcは5-10 m /分です。
b。 超硬工具:
切削変形超合金Vc:40〜60m / min; 切削鋳造超合金Vc = 7〜10m /分。 送り量fと切込み深さαpの両方が0.1 mmより大きくなければなりません。 硬化表面上での工具の切削を回避するために、工具の磨耗が悪化する。

切削液
荒削りには、エマルジョンおよび極圧エマルジョンが使用される。 仕上げには、極圧エマルジョンまたは極圧切削油が使用されます。 リーマ加工する場合は、加硫油85〜90%+灯油10〜15%、または硫化油(またはラード)+ CCl 4を使用してください。 高温合金タッピングは非常に困難です。 底部の穴の直径を適切に大きくすることに加えて、白鉛オイル+メカニカルオイル、または塩素化パラフィンを灯油で希釈するか、MoS 2グリースを使用する必要があります。

超合金ドリル
超合金の穿孔は非常に困難です。 一般に、浅穴ドリル、中実または象嵌の超硬ドリルなどの超硬ドリルを使用する必要があります。 高速度鋼ドリルビットを使用する場合、ドリルビットの二次後角α'0は、穴の壁との摩擦を減らすために研削されるべきである。 同時に、ドリル先端はチゼルエッジの幅を狭くして穴あけ中の軸方向力を減らすために研削する必要があります。 ドリルビットは鋭利でなければならず、自動送りを使用するのが最善です。 穴を開けるとき、ドリルは、切断面の硬化を悪化させないように切断面上に留まるべきではなく、それは次の送りに困難をもたらすであろう。