ホーム » 生産要素

生産要素

生産要素は、人的要因、物質的要因、およびそれらを組み合わせた要因を含む、経済学の基本的なカテゴリです。 生産要素とは、社会的生産と運営活動に必要なさまざまな社会的資源を指し、国民経済の運営と市場主体の生産と運営を維持する過程で所有しなければならない基本的な要素です。 生産要素には、労働、土地、資本、情報などがあります。科学技術の発展と知的財産制度の確立に伴い、技術も比較的独立した要素として生産されています。 これらの生産要素は市場で交換され、さまざまな生産要素の価格とそのシステムが形成されます。

生産要素とは、材料の生産に必要なすべての要素と環境条件を指します。一般的に、生産要素には、少なくとも人的要因、物質的要因、およびそれらの組み合わせ要因が含まれます。労働者と生産手段が材料生産の最も基本的な要素である理由は、それらが社会的形態に関係なく常に生産に不可欠であるためです。不足している要素。前者は生産の物理的条件であり、後者は生産の物質的条件です。しかし、労働者と生産手段が分離されている場合、それらは可能性の観点からは生産要素にすぎません。それらを実際の生産要素にするためには、それらを組み合わせる必要があります。

労働と生産手段の組み合わせは、人間が社会的労働生産を行うための必要条件であり、それらの組み合わせがなければ、社会的生産的労働はあり得ない。生産工程では、労働者は労働材料を使用して作業するため、労働対象は予想される変化を経験します。生産工程の最後に、労働と労働の対象が組み合わされ、労働が具体化され、対象が処理され、人々のニーズに適した製品が形成されます。結果の観点からプロセス全体を見ると、労働手段と労働目的は生産手段として現れ、労働自体は生産労働として現れます。
生産条件とその組み合わせ方法の違いにより、社会はさまざまな経済構造と発展段階に分けられます。社会経済発展の歴史的過程において、生産要素の含意はますます豊富になり、現代科学、技術、経営、情報、資源などの新しい生産要素が生産過程に入り、それぞれの主要な役割を果たしました。現代の大規模生産における役割。生産要素の構造も変化し、生産性が向上すればするほど、これらの要素の影響は大きくなります。

生産要素には、労働、資本、土地、起業家の才能が含まれます。長い間、私たちは価値創造と富の生産における労働の役割のみを強調してきましたが、他の生産要素の役割とそれらの国民所得の分割は無視されてきました。彼らはそれに十分な注意を払っていなかったので、彼らは常に労働者の所得分配への参加の問題を強調してきました。生産要素に応じた分配とは、労働の役割を強調しつつ、資本、技術、経営などの生産要素に十分な注意を払い、合理的かつ法的に報われることを意味します。それらの中で、2つの要素の役割とリターンを強調する必要があります。
1つは人的資本です。資本には、物理​​的資本と人的資本の2つの形式が含まれます。各国の経済発展の実践は、人的資本の役割が増大し、国民所得の成長率に対する教育の貢献が急激に高まり、人々の質、知識、才能が経済にとってますます決定的になっていることを示しています。発達。したがって、人的資本に対して十分な利益を得る方法は、経済の持続可能な発展と国民所得の分配にとって非常に重要になります。

二つ目は土地と資源の特性です。富の生産における彼らの役割は長い間人々に認識されてきましたが、所得分配に参加する必要性については常に漠然とした理解がありました。これは、中国の土地と天然資源が無料または低価格で使用されているという事実に反映されています。多くの場合。中国では、土地と天然資源は国または集団によって所有されており、それらの無料または低コストの使用は、それらの利益が少数の人々によって侵略されていることを意味します。これは、中国の所得格差が急速に拡大している重要な理由でもあります。したがって、土地や資源の分配にどのように参加するかは、所得分配システムを改善する際に真剣に考慮されるべき問題です。

流通関係

生産要素の分配が所得分配に与える影響を研究するには、このエコノミストの原則に従う必要があります。「消費材料の分配は、生産条件自体の分配の結果に他なりません。」
中国の都市と農村の所得分布を例にとると、都市と農村の所得格差は生産要素の分布に直接関係しています。

中国の都市と農村の構造は、地域の観点から見ると、都市の人口は農村の人口よりも少ないですが、それは全国民の所有権の資源を支配しています。農村の人口は都市よりも多く、土地の所有権の一部にすぎません。管理されている(土地の売却により、収入の大部分は市によって奪われている)。資源はほとんどない。この生産要素の分布パターンは、必然的に都市と農村の所得格差の拡大につながるでしょう。第一に、市が管理する生産要素が多く、質も良い。住民が生産要素を組み合わせる機会が多い。占有・使用される生産要素の量と質が大きく、当然収入は第二に、都市住民は都市化を享受している。彼らがもたらす利益は国が提供する公的製品を享受しているが、農民は多額の費用を払っているが、報われず、都市住民と同じ待遇を享受できない。これは必然的に起こるだろう。都市と農村の生活水準のギャップを広げる;最後に、都市と農村の最大のギャップは知識レベルの違いです。農民の文化的知識が比較的乏しいことは農民に致命的な損害を与えます。それは農民に雇用の機会を奪います。そして高収入。農村部では生産要素が不足しているため、農民は開発の権利を失い、財を成して収入を増やすことができなくなります。これが都市部と農村部の所得格差が広がる根本的な理由です。この問題の形成は、効率の優先順位を非難することも、公平な分配によって解決することもできません。それは生産要素の分配から始めることができます。生産要素の使用において、農民は都市と同じ扱いを受けるべきです。社会正義に利益をもたらすための住民。

生産要素の配分と配分は恣意的ではありませんが、最終的には生産性のレベルによって決定されます。生産要素の公正な配分は再分配ではなく、人工的な分割の除去であり、社会的生産要素を使用する前に社会のすべてのメンバーが平等になります。市場経済では、誰もが同じスタートラインにあり、すべてが平等です。社会的生産要素の使用において。しかし、この種の公正な機会は前提条件に過ぎず、運用ルールの公平性も必要です。つまり、全員が同じルールを使用しています。この規則は、主に政府の政策立案と実施に言及しています。

政策が異なって扱われることになっていて、平等に扱われることができないならば、それは必然的に何人かの人々の収入に影響を及ぼします。たとえば、工業製品と農産物の価格の決定にははさみの違いがあり、農民の土地の収用では、一次市場と二次市場の間に大きな価格差があり、移民労働者に支払われる賃金と利益があります同等の都市労働者よりも低く、教育、健康、補助金、救済、社会保障などの公共の製品を楽しんでいます。農村部と都市部の間には大きな違いがあり、困難と都市部での雇用における農民の不公正な扱い、都市部の財政移転の支払いに対する政府の選好など、これらすべてが農民の収入に影響を及ぼします。政策の実施に関しては、監督が厳しくなく、脱税などの兄弟さえいれば、一部の人々も金持ちになるでしょう。このような問題への対応については、「公平性を考慮した効率性優先」を「効率性を考慮した公平性優先」に変更しても解決できず、同じルールをポリシーに盛り込む必要があります。

市場経済の状況下では、分配の原則は生産要素に基づいているため、生産要素の分配が所得分配を決定します。経済学者が指摘するように、「生産要素がこのように分配されるので、現在の消費材料の分配は自然に発生する」。したがって、所得分配ギャップの問題を解決するために、公平な分配を使用することはできず、変更することしかできない。生産要素の分配は政策において平等に扱われるので、誰もが同じスタートラインに立ち、同じルールを共有し、誰もが平等な機会と公正な競争を得ることができます。

要素の貢献

序章

人々の物事に対する理解は常に変化しており、全体的な傾向は前進し、より高いレベルに進むことです。過去の見解では、社会主義は仕事に応じて分配されるべきであり、共産主義は必要に応じて分配されるべきであるとされていました。仕事に応じた分配とは、労働貢献に応じた分配を意味し、ニーズに応じた分配とは、ニーズに応じた分配を意味します。仕事に応じた配布、仕事があるところには配布があり、必要に応じて必要なときに配布があります。

その後の実践により、単に仕事に応じた流通を実施することは不可能であることが証明されました。共産主義は達成できず、ニーズに応じた流通は達成できません。ですから、仕事ごとの分配に基づいて、仕事ごとの分配の補足である、さまざまな生産要素の寄与に従って分配が行われるということわざがあります。要素の貢献はこれから来ています。

要因の寄与を議論するためには、2つの問題を明確にする必要があります。1つはどちらの要因が生産要素としてカウントされるか、もう1つはこれらの生産要素の寄与をどのようにカウントするかです。

タイプ

生産の一般的な要素は、労働、資本、土地です。労働は労働時間、知識、知恵に細分することもできます。たとえば、知的財産や経営知識は知識や知恵と見なすことができます。資本は、資本資本、設備資本、およびネットワーク資本に細分することもできます。

労働貢献

労働の貢献は通常、賃金の観点から測定され具体化されます。知的財産権と経営知識は資本の延長と見なされることが多く、自己資本比率、配当比率、投票率の観点から具体化されます。現時点での役割知的財産権と経営知識の比較は、資本資本、設備資本、ネットワーク資本、本工場の建物、土地などと同じレベルにあります。

一部の要素はそれ自体で価値を生み出すことができ、一部の要素はそれ自体が価値です。貢献度に応じたさまざまな生産要素の配布への参加は、2つの考慮事項に基づいています。1つは、要素の所有関係の経済的具体化です。要素を保持し、要素の所有者は誰でも配布に参加できます。 2つ目は、資源を配分するための市場経済の内部要件です。市場経済は、資源の最適な配分を必要とし、要素の貢献の配分は、最良の領域への資源の配分を導くのに役立ちます。

労働の要素を割り当てることで、労働者はより多くの仕事をし、良い分野でより多くの収入を得ることができます。サツマイモやキュウリを植える方が米や小麦を植えるよりも収益性が高く、賃金が高いと優秀な労働者や高い賃金を求める労働者がサツマイモやキュウリの植え付けの分野に自然に流れ込みます。北西部と中央部の平原の賃金が高く、生活消費レベルが低い場合、南東海岸からの優秀な労働者も北西部と中央部の平原に移動します。

不動産投機からの収入が株式投機からの収入よりも高い場合、株式投機からの資金は不動産市場に流れ、住宅価格を押し上げる。株式市場や不動産市場が利益を追求できない場合、株式や不動産投機の資金は自然に実体経済や商品市場に流れ、価格、工業製品、先物価格を押し上げます。
お茶と水を人に注ぐことはもともと普通の家事であり、ほとんどの人はそれを嫌がります。これらの仕事が飛行機に移されると、彼らは高額の航空運賃を請求し、客室乗務員とお茶を提供する生きている人々に高額の給料を支払います。客室乗務員や他の業界の役職の収入、状況、報酬が徐々に平等になるにつれて、フライトスチュワーデスもフライトのお父さんとお母さんになります。近い将来、客室乗務員はハンサムな男性と女性ではなく、叔父と叔母になると予測できます。

資源の配分

生産要素は、「社会的に必要な労働によって生み出された価値に基づいて、そして価値形成におけるさまざまな生産要素の貢献に基づいて」、その貢献に従って分配に参加します。「労働、資本、土地、他の生産要素は価値形成にあります。したがって、社会主義賃金、利子、土地賃料(主に2つの代表的な見解があります。1つの見解は、生産要素がその貢献に応じて流通に参加するというものです。」は、社会で必要な労働によって生み出される価値です。価値形成に基づいて、価値形成におけるさまざまな生産要素による貢献に応じて分配が行われます。」労働、資本、土地などの生産要素はすべて、の形成においてそれぞれの役割を果たしているためです。価値、社会主義的賃金、利子、土地賃料は、労働、資本、土地、その他の生産要素による貢献に基づいて、これらの生産要素の所有者に与えられる報酬にすぎません。」[i]別の見解は生産要素がその貢献度に応じて分配に参加するということは、生産要素が次のことを意味します。生産要素は、価値の創造への貢献ではなく、使用価値への貢献の分配を指します。
2つの見方の違いの焦点は、生産要素が富の形成に寄与するのか、価値の形成に寄与するのかということです。したがって、生産要素は、富の形成または価値の形成への寄与に応じて分配されます。 。 )流通に関与する労働、資本、技術、経営などの生産要素の意味を、その貢献度に応じて把握する必要がある。生産要素には、主語と目的語の2つの側面があります。人的労働が生産要素の主体であり、農業などの生産に必要な加工物には土地が必要であり、繊維には綿と綿糸が必要であり、加工に必要な道具と手段は対象の側面に属します。労働も生産要素である限り、実際には、仕事による流通も要因による流通のカテゴリーに含まれるべきです。

しかし、マルクスが構想する社会主義社会では、生産手段は公有であり、生産・複製に必要な客観的要素は事前に社会から差し引かれ、残りの個人消費財のみが労働力に応じて社会から分配される。一人一人の貢献。伝統的な社会主義計画経済システムでは、生産手段は公有であり、社会的生産資源は国によって一律に割り当てられ、消費手段は労働者間の仕事に応じて割り当てられます。現実とのつながり:中国共産党第16回全国大会の報告書は、「労働、資本、技術、管理、およびその他の生産要素の貢献に応じて分配に参加するという原則を確立する」という原則を明確に提唱しています。

割り当てベース

まず、2つの問題を区別する必要があります。1つは価値創造を価値分布と混同できないこと、もう1つは生産要素による分布の基礎が要素価値の理論ではないことです。生産要素による分布は、マルクスの労働価値説の根拠を見つけることはできませんが、西洋経済学の「三位一体の公式」に見られるようです。ただし、分布は生産要素の寄与に応じて決定されており、生産要素の寄与量を決定することはできません。生産性低下の法則によれば、クラークは限界生産力を使用して生産要素の収穫逓減を測定します。科学的な一連の解決できない問題があります。生産要素による流通の基礎は、生産要素の所有者の所有権の経済的実現のみである可能性があります。

最終的な配布によって引き起こされる効率と公平性の問題は、人々と政治指導者によって解決される必要があります。知恵に満ちたダイナミックなバランスを維持するために、公平であるか、より効率的であるか、定期的または不定期に変更する方がよいでしょうか。
初期の真央時代に住んでいた人々は、不当や貧困について不平を言うことはありませんでした。今日の人々は、富や不当について不平を言うことはありません。以前は、みんなが一緒に歩いて自転車に乗りましたが、今では、飛ぶ人、メルセデスに乗る人、BMWを運転する人、オートバイに乗る人、散歩する人、地下鉄やバスが混雑する人がいます。

市場コンセプト

市場経済は、フローと配分を達成するために、市場取引を通じて市場の商品の形で生産要素を商品化することを必要とし、したがって、さまざまな生産要素市場を形成します。

生産要素が市場に参入して資源を配分し、資本要素、土地要素、労働要素の価格が自然に形成されます。 土地、労働、資本などの生産要素の形成と価格の変化には、二重の性質があります。

一方で、生産要素が商業化されているため、価格の形成と変化は一般商品の性質と規制を持っており、価格の形成と変化のプロセスは、価格の形成と変化のプロセスと共通点があります。一方、生産要素は商品であるが、結局は特別商品であり、価格の形成や変化には独自の特徴がなければならない。

土地市場

土地の意味合い

生産要素の範疇として、土地とは、人間の労働によって改革されていないさまざまな天然資源の総称であり、一般的な耕作地や建設用地だけでなく、森林、鉱床、水面、空なども含まれます。土地は、あらゆる経済活動が依存し、使用しなければならない経済的資源であり、他の経済的資源と比較して、その自然の特徴は、主にその不動性と持続性、そして豊富さと場所の違いです。他の経済的資源や生産要素と比較して、土地は増やすのが最も難しく、その不足は他の生産要素よりも重要です。特に人口の増加、経済活動の規模の拡大、そして綿密な開発により、土地の不足は明らかに強化されるという客観的な傾向を持っています。

既存の土地資源をどのように保護し、有効に活用し、新しい土地資源を開発するかは、経済活動において常に重要な問題です。人口が多く、一人当たりの利用可能な土地資源が深刻に不足している私の国にとって、土地資源の保護、利用、開発はより重要です。土地資源の商業化と市場配分は、土地資源の効率を改善するための重要な方法です。割り当てと使用率。

土地市場の構成

民間市場経済では、土地は民間の生産要因であり、土地市場には実際には2つのレベルがあります。1つは土地取引市場であり、土地の最終所有権が取引対象であり、それに応じて地価が形成されます。もう1つは土地賃貸市場であり、土地を使用する権利が取引の対象であり、それに応じて土地賃貸料が形成されます。私たちの国では、国有と共同所有の2つのシステムが土地に実装されています。都市部の土地と非農地は国有であり、農地は共同所有である。これに基づいて、改革では2つの別々の土地市場、すなわち都市土地市場と地方土地市場が形成された。

都市の土地市場

都市の土地市場には、土地使用権移転市場(一次市場)と土地使用権移転市場(二次市場)の2層市場が含まれます。都市の土地利用権譲渡市場は、州の不動産業者が独占している市場であり、地方の共同所有地は、都市の土地譲渡市場に参入する前に、州が国有地として要求する必要があります。都市用地のプライマリーマーケットは、国有の都市用地の譲渡に対して国が支払う市場であり、国が取得した共同所有の土地を補償のために使用する権利も含まれます。

土地利用権譲渡法

土地使用権の譲渡には、「ゼロレント制度」と「レンタルリース制度」の2通りがあります。 「ゼロレントシステム」は、譲渡された土地の土地使用料をレベルに応じて毎年課金します。「レンタルリースシステム」は、土地使用権を期間限定で譲渡し、地価を一括で徴収します。 、毎年少額の使用料を徴収します。二次土地市場では、土地使用権の譲渡には、賃貸や住宅ローンなど、さまざまな特定の形態があります。

地価

土地の譲渡と譲渡の過程で、譲受人が譲渡人に支払う土地使用料は、2つの部分で構成されます。土地の家賃。地代の資本化は地価として表されます。土地は生産の自然な要素として、それ自体で価値を生み出すことはできませんが、所有権によって生産余剰または利益収入を共有します。土地賃貸収入の価値の源泉は「余剰労働の産物」です。

地価は、自然力の要素としての土地の価値の通貨表現ではなく、商業化、市場化、および市場取引のために土地賃貸収入を請求する土地所有者の権利の売買価格であり、本質的には土地賃貸収入の資本化。地価の水準は、土地の賃料や金利の水準に依存するだけでなく、土地の需給、地理的位置、生態環境、心理的嗜好などの関連要因にも影響されますが、これらは情報源ではありません。価値創造の。地価は「不合理な形」であり、価値はなく価格です。

労働力

労働とその価値

労働は最も重要な経済的資源と生産要素であり、市場経済では、労働は市場を通じて配分され、価格が形成されなければなりません。 「労働は価値の実体であり内部の尺度ですが、それ自体には価値がありません。」賃金は労働価値説の通貨表現ではなく、労働価格の表現です。資本主義の条件下では、労働は商品になり、価値があります。労働力の価値は、労働力を再生するために必要な生存手段の価値に依存し、労働商品取引市場における雇用と労働の関係を通じて、労働と資本の結合が実現されます。

現象という形では、賃金は労働に対する報酬として表され、本質的には、労働者が労働を再生するために必要な生存手段の価値の通貨表現です。社会主義の条件下では、労働は生産要素として市場に参入し、市場の需給関係者間の契約関係を通じて、労働と公共の生産材料の統合が実現されます。社会主義の公有経済では、仕事に応じた分配の原則が実行され、賃金の本質は、仕事に応じて労働者によって分配される個人消費財の価値の通貨表現です。

失業とその原因

労働価格の形成と変化の過程において、需要と供給の関係は重要な役割を果たします。現代経済では、資本主義経済であろうと社会主義経済であろうと、さまざまな程度と性質の失業があります。失業とは、労働者と生産手段との分離状態であり、その形成理由に応じて4つのタイプに分けることができます。まず、摩擦による失業。これは通常の労働の流れの過程であり、労働者は仕事を探している時期にあります。その理由は、労働者と仕事の間の不適応、不十分な情報、および不安定な労働の流れです。第二に、構造的失業。これは、経済構造が変化したとき、衰退しているセクターの労働者は、拡大しているセクターの仕事に適応できないか、労働者から離れすぎているために雇用できません。第三に、季節的な失業。これは、生産工程の大幅な変更による一時的な失業によるものです。第四に、需要が不十分な失業。これは、比較的低い経済成長率と、労働力の成長率に追いつけない雇用機会の成長によって引き起こされた失業によるものです。市場経済の状況下では失業は避けられませんが、努力することで失業を減らすことができます。

金融市場

金融市場の意味合い:

金融、つまり金融資金の資金調達は、現代の銀行システムの下での通貨流通と信用活動の一般的な用語を指します。金融市場は、金融資金の供給者と需要者が金融資金の資金調達と取引を行う場所、機関、および需給取引関係です。金融市場は、さまざまなクレジット商品を売買して金銭的資金を集め、発行し、転換することで、社会的遊休資金の生産および運営資金への転換を実現し、資金と社会経済資源の配分と利用効率を向上させることができます。

金融市場の構成:

金融市場は主に、参加者、金融商品、組織手法という3つの基本要素で構成されています。

金融市場の参加者

金融市場の参加者には、主に政府、中央銀行、商業銀行、ノンバンク金融機関、企業、個人居住者の5つのカテゴリーが含まれます。

  • a。政府は、主に資金の需要者および金融市場における金融市場の管理者としての役割を果たします。
  • b。中央銀行は、銀行の銀行であり、商業銀行の最後の貸し手であり、金融​​市場で資金を提供します。中央銀行は、金融市場で証券を取り扱うことによって資金供給を直接規制し、運営に影響を与え、指導します。それは金融政策です。メーカーと実行者。
  • c。金融仲介機関としての商業銀行とノンバンクは、金融市場の最も重要な参加者であり、資金の供給者と需要者の両方がこれらの仲介者を通じて資金調達を実現しているため、実際には金融商品取引の中心となっています。 。
  • d。金融市場では、企業は資金の供給者であると同時に需要者でもあります。企業の運営で形成された遊休資金は、金融市場における重要な資金源であり、企業による資金需要が資金需要の主要部分を占めています。
  • e。居住者は主に金融市場の資金提供者であり、資金需要の一部も提供します。

金融ツール

クレジット商品とも呼ばれる金融商品は、金融市場で金融取引を行うために使用されるツールであり、資本取引における両当事者の債権者の権利と債務の関係を証明する書面のバウチャーであり、法的効力。金融商品には多くの種類があり、一般的に2つのカテゴリーに分けられます。 1つは、請求書や債券などの信用証明書と債務証明書です。もう1つは、株式などの所有権証明書です。

金融市場の組織化

金融市場の組織とは、金融取引所で採用されている方法を指し、主に3つのタイプがあります。 1つは、取引所取引など、固定された場所で組織化され、体系的かつ集中的に取引を行う方法です。2つ目は、カウンターなどの金融機関のカウンターで、買い手と売り手の間で取引を交渉し、分散化する方法です。 3つ目は、店頭取引方式であり、場所が決まっておらず、直接の連絡もありませんが、主に通信手段を利用して取引を行う方式です。

金融市場の分類:

  • (1)金融市場は、さまざまな資金調達方法により、直接金融市場と間接金融市場の2つのカテゴリーに分類できます。
    金融市場では、直接金融は主に長期資金を調達することであり、間接金融は主に短期運転資金を調達することです。
  • (2)金融市場は、資金調達期間の長さにより、短期金融市場と資本市場の2種類に分けられる。

金融市場価格:

資本融資の過程で、資本の移転には価格があり、それは市場の運営における資本要因の価格に表れています。資本要因の価格は2つの状況に分けることができます。 1つは借入資本の価格であり、これは利子として表されます。利子は資本価値の現れではなく、資本化された収入を反映する不合理な形の価格です。利子は、借り入れた資本の所有者が資本を使用して生産の余剰または利益を共有する権利を貸し出すという兆候であり、本質的には資本化された収入です。その価値の源泉は、労働者の労働によって生み出された剰余価値の一部です。 1つは、株式や債券などの証券の価格など、仮想資本の価格です。株式自体には価値がなく、「収入を得る権利を表すだけ」であり、本質的には配当資本収入の通貨表現であり、借入資本の価格よりも幻想的な不合理な価格形態です。

テクノロジー市場

テクノロジーとテクノロジーグッズ

テクノロジーとは、生産を直接改善したり、生活を改善したりできる実践に基づいて、経験の要約、科学的研究、実験を通じて人間が作成および発明した知識とスキルです。
テクノロジーは一般的に知識の形で存在します。生産において、テクノロジーは創造的で単一であり、使用と消費が継続され、使用と消費を改善することができます。 技術は使用価値があり、人的労働の結果でもあり、市場で交換されれば、当然商品として現れるでしょう。

技術が商品になるための条件

技術的成果が商品となるためには、進歩、成熟度、適用可能性、経済性の条件を満たす必要があります。技術的進歩とは、新技術が元の技術よりも優れていることを意味します。技術的成熟度とは、新技術が安定して信頼できることを意味します。テクノロジーとは、新しいテクノロジーがユーザーの生産と市場のニーズを満たし、ユーザーの生産技術条件と環境に適応し、ユーザーが消化して習得できることを意味します。テクノロジーの経済性とは、テクノロジーの移転価格が合理的であり、アプリケーションのコストそして入力はユーザーが支払うことができるものです。技術商品と通常商品の違いは、技術商品の取引が継続的かつ反復的であるということです。

技術財の流通

技術商品の流通は技術貿易によって表され、多くの特定の形態がありますが、その中で最も典型的な形態は技術移転です。技術移転とは、特許技術やノウハウを含む技術的成果を、一定レベルの技術と実用的価値をもって、ある当事者から別の当事者に移転することです。技術移転の最も重要な形態はライセンス貿易です。

ライセンス取引とは、技術取引の両当事者が署名したライセンス契約の形式での技術取引を指します。具体的には、3つの形式があります。1つは、排他的ライセンス取引です。特定の地域では、ライセンシーが購入した技術を使用する独占的権利を有し、ライセンサーおよび第三者がその地域で製品を製造および販売するために譲渡された技術を使用することはできません。第二に、独占的なライセンス取引。その特徴は、特定の地域では、ライセンシーが購入した技術を独占的に使用して製品を製造および販売し、譲渡された技術を使用してこの地域で製品を製造および販売することを第三者に許可されていないことですが、ライセンサー自体はこの地域にとどまります。移転された技術を使用して製品を製造および販売する権利。第三に、通常のライセンス取引。その特徴は、ライセンサーが購入した技術を使用して、指定された地域で製品を製造および販売できることです。同時に、ライセンサーは、同じ技術をその地域の第三者に譲渡する権利を留保します。

テクニカル商品価格

技術商品の価格は、技術移転後に技術移転先から取得した技術使用料を指します。技術商品価格の形成の特殊性は次のとおりです。まず、技術商品の価値を形成する労働は、二重の単純労働である高水準の複雑な労働です。第二に、技術財の価値を形成する労働には、応用技術研究所の労働力だけでなく、これに直接関係する基礎研究機関の労働力も含まれていなければならない。第三に、技術商品の価値を形成する労働力は、技術の適用後に節約された労働力の量、つまり技術製品の新たに追加された経済的利益によって表されます。価格の形成と変化の特定のプロセスでは、需要と供給の関係、技術商品のコスト、潜在的な経済的利益、ライフサイクル、転送時間、開発とプロモーションのリスク、実用性と実装条件、および価格の支払い方法と技術循環方法など、どちらも実際にはさまざまな程度の効果があります。

情報市場

情報とは、不確かな認識を排除するための、外部の事柄に関する人々のある種の理解と知識であり、人間の認識の結果です。 (「情報」の概念は受け入れられた定義を持っていません。「通信の数学的理論」という本の中で、情報理論の創設者であるシャノンは、「情報は不確実性を排除するために使用される」と信じています。情報は「外界と交換されるコンテンツの名前」であると考えられています)経済情報は、社会的生産、交換、流通、消費活動の特徴と規則性についての人間の理解であり、その一部は特別な使用価値があり、商品として使用されるものは、市場取引の対象になります。
情報の価値と価値を使用する

市場経済では、市場取引に投入される情報は、商業的価値または経済的機能を備えた経済情報です。この種の経済情報は、実用的な経済応用価値があり、この情報を習得する経済活動主体に実際の経済的利益をもたらし、経済活動の効率性を向上させることができます。これが情報製品の利用価値です。情報製品の生産の観点から、情報製品、特に経済的機能を備えた情報製品は、一般的に人的労働を犠牲にして独占的に生産され、人的労働の成果の一部である。

本質的な生産的労働の一種として、情報の収集、処理、作成に従事する労働も何らかの形で補償される必要があります。これには、情報製品の商業化と、市場取引による労働補償とそれに対応する利益の実現が必要です。情報商品が商品になると、必然的に情報商品を取引対象とする市場、つまり情報市場が形成されます。

情報市場の構成

情報市場は主に情報コンサルティング市場であり、情報製品の生産、流通、サービスなどを行う産業は、情報産業の重要な一部である情報コンサルティング産業です。生産における科学技術の役割が増大している現代経済において、情報産業は徐々に社会経済全体の主要産業になり、「第四産業」と呼ばれています。

情報商品価格

情報の商業化は、情報生産の消費を補うだけでなく、情報の生産と流通を促進し、情報資源の配分を最適化し、社会全体の経済的利益を改善することができます。情報取引において、情報商品の価格は、情報商品の生産と加工のコストと社会的労働消費の量に基づいており、他方では、情報商品の経済的利益と大きな関係があります。 。情報商品の価格と直接費には大きなばらつきがあり、情報生産に消費される労働力は非常に特殊な高水準の複雑な労働力であり、単位労働消費は大きな社会的価値を形成します。一方、それは主にその潜在的な経済的利益がより大きく、より大きな市場需要があるためです。

生産要素

生産要素には、労働、資本、土地が含まれます。長い間、私たちは価値創造と富の生産における労働の役割のみを強調してきました。他の生産要素の役割とそれらの国民所得の分割は無視されるか、評価されてきました。十分であるため、それは常に労働者の所得分配への参加の問題のみを強調してきました。今日、生産要素に応じた流通について議論するときは、資本、技術、経営などの生産要素に十分な注意を払いながら、労働の役割を強調し続けなければなりません。そうすれば、それらも合理的かつ法的に報われることができます。その中で、2つの要素の役割とリターンを特に強調する必要があります。

1つは人的資本です。資本には、物理​​的資本と人的資本の2つの形式が含まれます。各国の経済発展の実践は、人的資本の役割が増大し、国民所得の成長率に対する教育の貢献が急激に高まり、人々の質、知識、才能が経済にとってますます決定的になっていることを示しています。発達。したがって、人的資本に対して十分な利益を得る方法は、経済の持続可能な発展と国民所得の分配にとって非常に重要になります。

二つ目は土地と資源の特性です。富の生産における彼らの役割は長い間人々に認識されてきましたが、所得分配に参加する必要性については常に漠然とした理解がありました。これは、私の国の土地と天然資源が無料または低価格で使用されているという事実に反映されています。多くの場合。私たちの国では、土地と天然資源は国または集団によって所有されており、それらの無料または低コストの使用は、それらの利益が少数の人々によって侵略されていることを意味します。これは、わが国の所得格差が急速に拡大している重要な理由でもあります。したがって、土地や資源の分配にどのように参加するかは、所得分配システムを改善する際に真剣に考慮されるべき問題です。

要素の需要

1.生産要素の需要の特徴

企業の生産要素に対する需要は、消費財に対する消費者の需要から誘発または導き出されます。

生産要素の需要には、次の特徴があります。

  • 1.生産要素の需要は「誘発需要」です。
  • 2.生産要素の需要は、生産要素自体の需要ではなく、生産要素の使用に対する需要です。
  • 3.生産要素の需要は、生産者、つまり企業から来ます。
  • 4.生産要素に対する企業の需要の目的は、中間から利益を得ることを望んで、製品を生産することです。

2.生産要素の需要を決定する要素

生産要素に対する生産者の需要は、次の要因によって決定されます。

  • (1)生産要素の限界生産性。限界生産性とは、特定の生産要素単位で生産できる製品の数の大きさです。
  • (2)生産された製品の価格。
  • (3)生産要素自体の価格。
  • (4)生産要素の需要も技術的要因の影響を受けます。
  • (5)生産要素に対する短期的需要と長期的需要は異なり、短期的要因と長期的要因の需要の弾力性が異なるため、時間的要因も要素の需要に影響を及ぼします。

3.単一企業の生産要素に対する需要:完全競争

(1)単一要素入力企業の生産要素に対する需要

1.生産要素の限界生産性

表現には2つの方法があります。 1つは物理的な形式で表され、生産要素の入力の限界生産力として表されます。もう1つは、限界生産力の価値として表される価値の形で表されます。
生産要素の限界生産力の価値は、生産要素の限界生産力に生産要素の限界生産力を掛けて生産された製品の価格に等しい。
MP = p・MP(1)

2.完全競争の条件下では、限界生産力の価値が企業の要素投入の需要を決定します。因子の限界生産力の値は、因子の価格に等しくなります。つまり、次のようになります。

VMP = w(2)

実際、人々はまた、企業の利益関数を導出する方法を通じて、要因の最適な入力量を見つけることができます。企業の利益関数は次のとおりです。

π= p0q−wL−FC(3)

その中で、FCは企業の固定費です。上記の利益関数を使用して、因子入力Lの一次導関数を見つけ、それを0に等しくすると、次のようになります。

p0MPL = w(4)

4.生産要素の需要と量の変化

  • 因子需要の変化とは、因子需要の量が因子自体の価格の変化ではなく、因子自体の価格以外の因子の変化によって変化することを意味します。因子需要曲線全体の位置を上下に移動します。
  • 因子の需要の変化とは、他の条件下での因子自体の価格の変化、つまり同じ因子の需要曲線上のポイントの移動によって引き起こされる因子の需要の変化を指します。