ホーム » 生産工程

生産工程

製造工程とは、製品が生産される前の一連の製造技術の編成から、適格な製品の製造までの全プロセスを指します。製造工程は自然工程と労働工程に分けられます。労働工程は、生産準備工程、基本生産工程、補助生産工程、生産サービス工程に分けられ、基本生産工程は、技術工程、検査工程、輸送工程に分けられ、それぞれ独自の工程で構成されています。

生産プロセスは、産業企業の資本サイクルの第2段階です。生産工程では、労働者は労働手段を使用して労働物を処理し、労働製品を製造します。したがって、生産プロセスは製品製造プロセスであるだけでなく、実体化された労働(労働材料と労働対象)と生活労働の消費プロセスでもあります。機械製品の製造工程とは、原材料(または半製品)の製造から相互接続されたさまざまな製品の製造までのすべての労働プロセスの合計を指します。

製造工程と供給開始、加工の継続を経て完成品を制造する際の全工程を実現する。生産工学機械的処理と生産の簡単な説明:手続き型材料、原材料、機械的製品の生産、およびあらゆる種類の機械的製品の交換。 syste、しテム記、基本的な活動、供給、生産、販売における産業会社の基本的な活動の供給、生産、販売生産管理の目的は、プロセスを生産することです。生産プロセスとは、製品のプロセスはプロセスであり、生産活動の組織であるプロセスをあります。評価、生産管理、生産計画、編集、指揮、調整、管理、評価、naどたりハンドルする。

人々が特定の生産関係の下で材料材料を生産するプロセス。素材の生産は、人間社会の最も基本的な実践活動であり、人間社会の存続と発展の基盤です。生き残るためには、食料、衣類、住まい、交通手段などの材料が必要であり、これらの生活手段を得るためには、生産を行う必要があります。いかなる社会においても、人間は、政治的、文化的、教育的、科学的、芸術的、その他の社会的活動を行うことは言うまでもなく、生産活動に従事することなしに生きることはできません。

材料の製造工程には、必要な原材料の備蓄段階、作業者が生産工具を使用して作業対象物に作用する作業工程、自然の力が作業対象物に独立して作用する工程(発酵など)が含まれます。ワイン)。

製造工程は、材料の製造工程であるだけでなく、生産関係の製造および複製工程でもあります。なぜなら、人が素材を作るときは、自然界との関係だけでなく、何らかの形での関係も必要だからです。社会から離れて、孤立して進むことはできません。他の人との接触。生産。生産過程で形成されるこのような相互関係は、狭義の生産関係です。 K.マルクスは次のように述べています。「社会的生産プロセスは、人間の生活の物質的な生活条件の生産プロセスであるだけでなく、歴史的に経済的にユニークな生産関係で実行されるプロセスでもあります。これらの生産関係自体の生産と複製です。このように生産し、それはこのプロセスの担い手、それらの物質的な生活条件とそれらの相互関係、すなわちそれらの特定の社会経済的形態プロセスを再現します」(マルクスとエンゲルスの全集、第25巻、925ページ)。つまり、ある社会的形態では、生産プロセスは、材料材料の生産プロセスと生産関係の生産プロセスの統一です。

生産プロセスの社会的形態に関係なく、すべての生産プロセスは、継続的な観点から、複製プロセスです。複製プロセス、または社会的生産プロセス全体には、生産、交換、流通、消費の4つのリンクが含まれます。この生産のリンクは、材料材料を直接生産するプロセスです。複製プロセスでは、生産が最初に行われ、決定的なリンクです。特定の生産は、特定の交換、流通、消費を決定します。これは、交換、流通、消費の3つのリンクの素材コンテンツがすべて製品であり、直接生産プロセスで生産する必要があるためです。同時に、流通、交換、消費の性質も、直接生産プロセスにおける人々の間の相互作用。関係によって決定されます。しかし逆に、交換、流通、消費も生産に大きな悪影響を及ぼします。

生産プロセスは、さまざまな生産関係の下でさまざまな特性を持っています。生産者自身の生産手段と個人労働に基づく単純な商品生産条件の下では、生産プロセスは労働プロセスと価値形成プロセスの統合です。資本主義商品生産の条件下では、生産プロセスは労働プロセスと価値拡散プロセスの統一です。資本家の生産関係は、資本家の生産プロセスが資本家が余剰価値を追いかけ、所有するプロセスであると決定します。

構造と構成

生産プロセス組織の構成要素によると、生産プロセスは、ロジスティクスプロセス、情報フロープロセス、および資本フロープロセスに分けることができます。

  • 1)ロジスティクスプロセス購買プロセス、処理プロセスまたはサービスプロセス、輸送(取り扱い)プロセス、倉庫保管プロセスなどの一連のプロセスは、材料の変換プロセスおよび付加価値プロセスであるだけでなく、ロジスティクスプロセスでもあります。
  • 2)情報フロープロセス生産プロセスにおいて、情報フローとは、生産活動における関連する元の記録とデータの収集を指し、必要に応じて収集、処理、および特定の方向にフローされます。
  • 3)資本フロープロセス生産プロセスの資本フローは、進行中の製品やさまざまな原材料、補助材料、電力、燃料設備などの物理的状況に現れ、固定資本と循環資本に分けられます。 資金の循環と節約を加速することは、生産プロセスの経済効率を改善するための重要な方法です。

分類

生産プロセスにおける各部分の異なる役割に応じて、企業の生産は次の3つの部分に分けることができます。

  • 1.1。 基本的な製造プロセス。 基本的な生産プロセスとは、製品エンティティを構成する労働オブジェクトが直接技術処理を実行するプロセスを指します。 機械企業での鋳造、鍛造、機械加工、組み立て、繊維企業での紡績、織り、印刷、染色など。 基本的な生産プロセスは、企業の主要な生産活動です。
  • 2.2。 補助生産プロセス。 補助生産プロセスとは、基本的な生産プロセスの正常な進行を保証するためのさまざまな補助生産活動のプロセスを指します。 基本的な生産のための電力、ツール、メンテナンス作業の提供など。
  • 3.3。 生産サービスプロセス。 生産サービスプロセスとは、生産活動の円滑な進行を確保するために提供されるさまざまなサービス作業を指します。 供給作業、輸送作業、技術検査作業など。

上記の3つの部分は互いに組み合わされて、企業の生産プロセス全体を形成します。 その中で、基本的な製造工程が支配的な部分であり、残りの部分は基本的な製造工程を中心に実行されます。

基本原則

生産プロセスの合理的な組織化は、製品が最短ルートと最速の速度で生産プロセスのさまざまな段階を通過できるように、生産プロセスが空間と時間でうまく組み合わされていることを意味し、会社の人的、材料的、財政的資源を十分に得ることができます。高収量、高品質、低消費を実現するために活用してください。生産プロセスの合理的な組織は、以下を行う必要があります。

(1)製造工程の継続性、

製造工程の連続性とは、製造工程のあらゆる面で製品や部品が動き、最初から最後まで連続した状態であり、不必要な中断、一時停止、待機現象が発生しないか、ほとんど発生しないことを指します。これは、処理されるオブジェクトが処理されているか、検査および移送されていることを意味します。生産プロセスの継続性を維持することで、機械と労働力を最大限に活用し、生産サイクルを短縮し、資本回転を加速させることができます。

(2)製造工程の比例性

生産プロセスの比例関係は生産を指します。プロセスの各段階、各プロセス間で、必要な比例関係を生産能力で維持する必要があります。 「ボトルネック」現象を回避するために、各生産リンクは、労働力、生産効率、設備などの点で互いにバランスの取れた方法で開発する必要があります。生産プロセスの比例性を確保することは、労働生産性と設備利用を効果的に改善するだけでなく、生産プロセスの継続性をさらに確保することもできます。

生産プロセスの比例性を維持するために:企業を設計および構築するときは、製品のパフォーマンス、構造、生産モデルの表示、およびコラボレーションの関係に応じた全体的な計画に基づく必要があります。同時に、日々の生産組織と管理における包括的なバランス。そして計画管理。

(3)製造工程のリズム

製造工程のリズムは、材料の供給から完成品の倉庫保管まで、製造工程のすべての段階でリズミカルでバランスの取れた方法で製品を実行できることを意味します。前に緩んだり締めたりする現象を避けるために、同じ時間間隔でほぼ同じ量または増加する量の製品を生産する必要があります。

生産プロセスのリズムは、インプット、生産、生産の3つの側面に反映されるべきです。生産のリズムは、投資と生産のリズムの最終結果です。投資と生産のリズミカルな要件を確保することによってのみ、生産のリズミカルさを実現することができます。同時に、制作のリズムは入力のリズムに依存します。したがって、生産工程のリズムを実現するためには、3つの側面を統一して整理する必要があります。

生産工程のリズムを実現することは、労働力の合理的な使用につながり、時間の浪費と損失を減らします。機器の通常の操作とメンテナンスに役立ち、過負荷の使用によって修復が困難な損傷を回避します。改善に役立ちます。歩留まりと品​​質の向上そして大量の廃棄物の発生を防ぐために;製品の測定バックログを減らすのに役立ちます;それは安全な生産に有益であり、個人的な事故の発生を回避します。

(4)製造工程の適応性

生産プロセスの適応性は、生産プロセスの組織が柔軟であり、変化する市場のニーズに時間内に対応できる必要があることを意味します。市場の衰退、技術の進歩、人々の生活水準の向上に伴い、ユーザーの製品に対するニーズはますます多様化しています。これは、会社の生産プロセスの組織に新たな問題をもたらしました。つまり、複数の品種、小さなバッチ、柔軟なステアリング、および強力な緊急対応の方向にどのように開発するかです。生産プロセスの適応性を向上させるために組織、企業は「フレキシブル生産システム」および他の方法を使用することができます。

生産工程を組織化するための上記の4つの要件は、生産工程が合理的であるかどうかを測定するための基準であり、良好な経済的結果を達成するための重要な条件でもあります。

生産プロセスの組織形態

(1)組立ラインの製造方法

組立ラインの生産方法は、1920年代にアメリカンフォードモーターカンパニーによって生産された高度な生産組織です。

組立ライン生産(組立ラインオペレーションとも呼ばれます)とは、特定の技術プロセスに従って、労働オブジェクトがさまざまな作業現場をリズミカルかつ途切れることなく通過する生産プロセスの編成を指し、それに応じてグループオペレーションの生産プロセス編成フォームを完成させます。指定された生産ルートと速度で。オブジェクトの特殊な編成形式と並列移動の時間編成形式を有機的に組み合わせることで、生産プロセスの継続性、比例性、バランスが高くなり、生産性と機器の使用率が大幅に向上し、生産サイクルが短縮され、削減されます。料金。次の特徴があります。

  • (1)プロフェッショナリズム。組立ラインの各作業場の専門性のレベルは非常に高いです。
  • (2)継続性。組立ラインの処理オブジェクトは、処理オブジェクトの遅延時間を最小限に抑え、生産サイクルを短縮するために、各プロセス間で並列または並列シーケンスで移動する必要があります。
  • (3)リズミカルな組立ラインの生産。すべては、規定されたフェーズまたはリズムに従って実行する必要があります。いわゆるビートとは、組立ラインで2つの製品を連続生産する間の時間間隔を指します。
  • (4)近さ。生産工程は終了しており、ほとんどの加工は組立ラインで完了できます。
  • (5)比例性。組立ラインのさまざまなプロセスの生産能力は比較的バランスが取れており、生産プロセスの比例性と並列性が可能な限り確保されています。

組立ラインの生産方法の利点は次のとおりです。製品の生産プロセスは、連続性、並列性、比例性、バランスの要件をより適切に満たすことができます。生産効率が高く、生産が専門化され、資本回転が加速されます。生産コストを削減し、生産サイクルを短縮し、管理を簡素化し、管理効率を向上させます。その欠点は次のとおりです。製品の生産量と時間の経過に伴う多様性の変化に対する市場の要件に適応するのに十分な柔軟性がない。分業は比較的単調であり、生産技術のレベルを向上させるのに役立ちません。

組立ラインの製造方法は、製品の市場需要が十分に大きく安定している、製品の構造と処理技術が比較的安定している、必要な投資とプラント設備の状態などの状況に適しています。

(2)自動生産方法

自動ラインは、組立ラインの高度な形態であり、自動化された機械システムに依存して製品処理エンジニアリングを実現します。これは、高度に継続的で完全に自動化された高度な生産組織です。一般組立ラインと比較して、自動組立ラインのすべての機械設備はシステムリズムに従って操作されるため、作業者の需要が減り、手作業の負担が軽減され、生産効率が向上します。製品の品質が保証されやすくなります。 、しかし投資はより大きくなります。、高いメンテナンスと管理の要件。

(3)グループ技術の生産方法

グループ化技術とは、類似の部品構造とプロセスの原則に従ってグループで生産を組織化する一種の生産組織化技術を指します。基本的な考え方は、大量の専門知識と専門的な方法で多品種の生産を組織し、多品種および小ロット生産の生産効率を向上させることです。グループ技術は、従来の生産組織方式を根本的に変え、単一の製品を生産対象とするのではなく、「部品グループ」を対象としたグループ生産プロセスとグループ運用計画を織り交ぜています。

グループテクノロジーの特徴は次のとおりです。製品や部品のシリアル化、標準化、および適用を促進するのに役立ちます。製品設計の作業負荷とプロセス準備の時間とコストを削減し、生産バッチを拡大し、生産効率を改善し、生産サイクルを短縮し、生産組織と管理を簡素化します。現在、グループ技術は主に機械製造、電子製品、軍事製品などの地域で使用されています。

(4)フレキシブル生産ユニット

主にCNC工作機械またはCNC工作センターに基づいており、効果的なグループ操作計画に依存し、ロボットと自動輸送カートを使用してワークピースとツールの転送、ロード、アンロードを実現し、完全な自動化と統合を実現するフレキシブル生産ユニット処理プロセス。処理の合理化を実現するための高度なグループ処理システムです。工作機械の利用率が高く、製造・開発サイクルが短縮され、製品や部品の在庫が少ないというメリットがあります。フレキシブル生産ユニットは、自動化された三次元倉庫、自動積み降ろしステーション、自動トラクターなどと組み合わされています。自動処理は中央コンピュータによって制御され、柔軟な製造システムを形成します。フレキシブル生産ユニットとコンピューター支援設計機能の組み合わせは、コンピューター化された製造システムになります

会計

生産工程では、企業が原材料などの労働物を生産し、労働者の労働処理を経て、社会のニーズに合った製品を生産します。製造工程は物理的な形から見たものであり、材料は製品の製造工程である製品に加工されますが、価値のある形からはさまざまな費用が発生します。その結果、生産費、具体的には、発生した材料費、労働者の賃金と福祉費、固定資産の減価償却費などが発生します。したがって、このプロセスの経済営業所は、費用を計算し、製品のコストを計算し、製品の完成後に在庫を受け取ります。 [3] 1.製造原価の構成内容製造工程の製造原価は、直接材料費、直接労務費、製造原価で構成されています。
企業が一定期間に負担し、金額で表した生産費を生産原価といいます。これらの製造コストは、最終的に収集され、特定のタイプの製品に割り当てられて、さまざまな製品のコストを形成する必要があります。一部の費用が発生した場合、直接費用と呼ばれる特定の製品の製造に発生したことを直接確認できます。これは、直接材料や直接賃金など、特定の製品の費用に直接含めることができます。一部の費用発生時に直接会計処理することはできません。どのような製品が発生したかを確認することを間接費と呼びます。間接費は特定の配分方法を採用する必要があり、その配分はワークショップの製造費用などの特定の製品の費用に含まれます。したがって、製品製造工程における費用の発生、徴収および分配、ならびに製品原価の形成は、製品製造工程会計の主要な内容を構成します。
企業の生産および運営中に、管理および生産の組織化の必要性のために発生した管理費、財務費、および運営費などの期間費用は、特定の製品の費用に起因するものではありません。費用は簡単に判断できますが、原因となる製品は判断が難しいため、製品の製造コストではなく、現在の損益として扱う必要があります。
2.メインアカウントの設定
1.1。 「生産コスト」アカウント
この勘定科目は、主に、さまざまな完成品の製造、自作の半製品、労働サービスの提供、自己を含む、製造プロセス中に会社が負担するさまざまな製造費を計算および監督するために使用される原価計算です。 -製材、自作工具、自作設備等様々な費用が発生しました。この勘定科目の借方登録の増加は、当期中に発生した実際の製造原価を表し、貸方登録の減少は、転送された完成品の実際の原価を表します。期末残高は借方であり、仕掛品の製造原価が未完了であるため、製品タイプや詳細会計の仕様に応じて詳細勘定を設定する必要があります。 。
2.2。 「製造費」勘定
この勘定科目は、主に企業が製品の生産および労働サービスの提供のために負担するさまざまな間接費を計算および監督するために使用される原価勘定科目です。製品の生産または労働サービスの提供の過程で、さまざまな間接費「生産原価」の金額を直接記録することはできません。つまり、企業の製造部門(ワークショップ、支社)が生産の管理と組織化のために負担するさまざまな費用です。口座借方登録の増加は、ワークショップ管理スタッフの給与、ワークショップハウスの減価償却費、工具修理費、照明費、および減価償却費などの製品原価に直接入金できないその他の費用など、当期に発生したすべての製造費を表します。機械設備等の減価償却費は、企業が一定の基準に従って「製造原価」勘定に借方記入し、各種製​​品が負担する製造費の減価償却費を意味します。期末に繰り越された後は、通常、残高がありません。詳細な分類と会計のための詳細なアカウントを設定するには、さまざまな部門とコスト項目に従ってアカウントを設定する必要があります。
3.3。 「管理費」アカウント
この勘定は損益計算書であり、主に、管理部門の人員の給与および福祉費用、事務費など、生産および運用活動を組織および管理するために企業の管理部門が負担するさまざまな費用を計算および監督するために使用されます。 、減価償却費、組合費、職員教育費、事業娯楽費、不良債権損失、不動産税、土地使用税、切手税、労働保険料等。口座借方登録の増加は、当期に発生したさまざまな管理費を示します。貸方登録の減少は、期末に「今年の利益」口座に管理費用が振り替えられたことを示します。振込後の残高。アカウントは、経費項目に従って分類および計算する必要があります。
3.主要な経済事業の会計
(1)材料費の会計製造工程において、各生産部門が材料を必要とする場合、一般に材料要求フォームと呼ばれる材料要求バウチャーに記入し、倉庫で材料要求手続きを行う必要があります。倉庫は、資材要求バウチャーに従って資材を発送した後、会計部門に資材要求を渡す必要があります。財務会計部門は、さまざまなワークショップや資料の用途に応じて発行バウチャーの要約表を作成し、これに基づいて会計エントリを作成します。以下は、表1に示すように、会社の材料ピッキングリストです。

例1:この経済ビジネスは、今月の材料の消費を要約します。発生した材料費については、対応する会計処理をそれぞれの目的に応じて実行する必要があります。直接生産に使用する場合は生産原価勘定に借方記入し、ワークショップ管理に使用する場合は製造費勘定に借方記入し、プラント管理の場合は管理費勘定に借方記入します。同時に、会社の材料在庫が減少した場合は、原材料勘定に貸方記入する必要があります。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:製造原価-A製品100000B製品120000;製造原価6,000;管理費8,000;貸付:原材料-A材料120000B材料114000
(2)賃金と経費の計算賃金は企業が労働者に支払う労働報酬であり、製品コストの重要な部分です。わが国では、企業労働者もさまざまな福利厚生を享受できるため、国は、企業が従業員の困難に対する補助金、医療などの企業の個人的利益を確保するために、総賃金の14%の割合で従業員の福利厚生を発生させることができると規定しています。費用、および家族の訪問。支出。これらの未払福利厚生費は給与費用と同じであり、従業員のさまざまな役職に応じて、関連する費用および費用勘定にも含める必要があります。賃金の決済と分配、福祉費の支給と使用を計算し監督するために、「賃金賃金」と「賃金福祉費」の2つの勘定が設定されています。
「買掛金」勘定:この勘定は負債勘定であり、主に、さまざまな賃金、ボーナス、および手当を含む、企業が支払う従業員の総賃金を計算および監督するために使用されます。アカウントの借方に登録された減少は、今月従業員に実際に支払われた賃金の合計額を示します。クレジット側に登録された増加は、今月従業員に支払われる賃金の合計額を示します。アカウントには通常、残高がありません。債権者に残高がある場合は、今月の給与が実際の給与よりも多いことを示し、差額は未払いの給与です。借方残高の場合は、今月の実際の給与が給与よりも多いことを示します。支払われる、そして違いは過払いの給料です。
「福利厚生」勘定:この勘定は、主に医療費、困難に対する助成金、企業従業員の医療および福祉要員の給与などの福利厚生の引き出しと使用を計算および監督するために使用される負債勘定です。企業の従業員の健康を確保し、企業の従業員の福祉を改善および強化するために、関連する国の規制に従って、企業は企業の総賃金の一定の割合に応じて費用と費用から従業員の福祉料金を適切に抽出することができます従業員。口座登録減額の借方は、会社が実際に支払った福利厚生費の額を示し、借方登録増額は、会社が費用および経費から引き出した福利厚生費の額を示します。期末の与信残高は、未払い費用に属する福祉費用の残高を表しています。
次の例は、賃金コストと従業員手当の計算を示しています。
例2:月末に、会社は今月の従業員の賃金を計算して分配します。その中で、製品Aを生産する労働者の賃金は40,000元、製品Bを生産する労働者の賃金は30,000元です。生産工場の管理人の賃金は4,000元、工場の管理人の給与は6,000元です。この経済事業の発生において、一方では、企業が従業員に支払う賃金と費用が増加し、支払われる賃金勘定に貸方記入されるべきである一方、賃金と費用は、従業員のさまざまなポジションに応じた関連コストと経費。アカウント。製品を生産する労働者の賃金と費用は生産原価勘定に借方記入されるべきであり、生産ワークショップの管理人員の賃金と費用は製造原価勘定に借方記入されるべきであり、工場管理の賃金と費用は次のように借方記入されるべきです。管理費口座の借方。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:製造原価-A製品40 000 B製品30,000;製造原価4,000;管理費6,000;貸付:支払賃金80 000;したがって、上記の総賃金の14%が従業員給付として計算されます。
A製品の生産労働者に発生する福祉費40000×14%= 5,600元;製品Bの生産労働者に発生する福祉費30000×14%= 4,200元;管理のために発生する福祉費生産工場の人員4000×14%= 560元、工場管理人の福祉費は6000×14%= 840元、合計は80000×14%= 11,200元。
例3:この経済的事業の発生。一方では、会社が従業員に支払う福祉費の増加は、支払われる福祉費の勘定に計上されるべきであり、他方では、発生した福祉費は次のようになります。従業員の職位に応じた費用として記録されます。費用勘定:生産労働者の福利厚生は生産費勘定に記録され、ワー​​クショップ管理者の福利厚生は製造費勘定に記録され、工場管理要員は管理費勘定に記録されます。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:製造費-A製品5600B製品4200;製造原価560;管理費840;ローン:支払福祉費11200;したがって、銀行から80,000元を現金化し、今月の従業員の賃金を支払う。
例4:この経済ビジネスは2つの部分に分けることができます。1つは銀行から現金を引き出すことです。1つは現金が80,000元増加し、もう1つは現金口座の借方に貸方記入する必要があります。 、銀行預金が80,000元減少しました。銀行預金口座に入金する必要があります。 2つ目は、今月の賃金を現金で支払うことです。一方で、現金は80,000元削減され、これは現金口座に入金されます。他方、従業員に支払われる賃金は、会社の負債を80,000元削減します。 、支払い可能な給与口座の借方に貸方記入する必要があります。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:現金80000;ローン:銀行預金80000;借入:給与80000;ローン:現金80000;
重要な注意事項:現在、多くのユニットは銀行給与の形式を採用しており、それらの会計エントリは「給与支払い」から借方に記入され、「銀行預金」に貸方記入されます。

例5:従業員の王強が払い戻す医療費と困難に対する補助金のために現金で3,000元を支払う。この経済事業の発生により、一方では会社の現金が3,000元削減され、これは現金勘定に貸方記入される必要があります。他方では、従業員給付の支払いにより、会社は負債を3,000削減しました。元、買掛金に貸方記入する必要があります。給付勘定の借方。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入金:福祉費3,000円、貸付金:現金3,000円
(3)その他の費用の会計処理製品の製造過程において、材料費、賃金および福祉費などの費用に加えて、固定資産の減価償却費、修理費、水および電気費などのその他の費用があります。また、発生しました。これらの費用は間接費であり、製品の費用に直接含めることはできません。特定の製品の費用に含める前に、収集して配布する必要があります。
1.1。固定資産の減価償却
企業の固定資産は一般的に耐用年数が長く、固定資産の使用等により徐々に価値が低下していきます。通常、固定資産の使用における損耗の価値、または科学技術の進歩により徐々に移転される価値は、固定資産の減価償却と呼ばれます。振替のこの部分の価値は、減価償却費の形で費用に含まれています。
固定資産の減価償却の重要性は、企業が将来的に固定資産を置き換えることを可能にするだけでなく、マッチング原則の要件も満たすことです。
固定資産の減価償却費を計算するには、会計に累積減価償却勘定を設定する必要があります。 「減価償却累計額」勘定科目:この勘定科目は資産タイプの勘定科目です。この勘定科目は、特に固定資産の減価償却累計額を反映するために使用されます。性質上、他の資産勘定とは異なり、貸方登録の増加は企業が発生した固定資産の減価償却額を表し、借方登録の減少は固定資産の減少による償却を表します。減価償却累計額。残高はクレジット側にあります。これは、企業の固定資産の減価償却累計額を意味します。
減価償却累計額は、固定資産勘定の引当金調整勘定です。期末に、固定資産勘定の借方残高から減価償却累計額の貸方残高を差し引いたものが、固定資産の減価償却額(正味額とも呼ばれます)を取得して、新旧の次数を反映することができます。会社の既存の固定資産。
企業が減価償却費を計算する場合、企業は固定資産のさまざまな目的に応じて、対応する原価および費用勘定を個別に入力する必要があります。このうち、製造工場での固定資産の減価償却費は製造費に含まれ、工場での固定資産の減価償却費は管理費に含まれ、同時に固定資産の減価償却費の合計が増加します。
例6:ある会社の固定資産の減価償却費は今月5,000元で、そのうち4,000元が生産ワークショップで、1,000元が工場で発生しました。この経済的事業の発生、一方では企業の固定資産の減価償却の増加は、累積減価償却勘定に計上されるべきであり、他方では、生産ワークショップおよび工場部門の減価償却費である。増加しました。これは、それぞれ製造費と管理費に記録する必要があります。アカウントの減価償却費。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:製造費4000管理費1,000;貸付:減価償却累計額5,000
2.2。固定資産の修繕費
固定資産の修繕費とは、固定資産の全使用期間中のフォローアップ費用であり、固定資産の正常な運用と使用を維持し、良好な状態に保つためには、必要な維持管理を行う必要があります。ただし、この支出は固定資産の価値に含まれるべきではなく、企業のコストとして反映されるべきです。固定資産の修理は、日次修理とオーバーホールに分けられます。固定資産の日次修理の費用は、現在の費用と費用に直接含める必要があり、固定資産のオーバーホールは、事前に会計処理するか、償却することができます。
「前払費用」および「前払費用」の勘定は、各会計期間の費用を区切るための発生主義の要件に従って設定されます。前払費用とは、企業が現在およびその後の期間に支払った費用を指し、償却期間は1年未満です。未払費用とは、主に当期が負担し、当期の費用に前払いする必要があるが、実際には未払の費用を指します。
「準備費用」勘定は資産型勘定に属します。これは主に、企業が実際に費やしたさまざまな費用を計算および監視するために使用されますが、償却期間が以下の当月および翌月までに負担する必要があります。大量生産など1年。設備修理費、新聞・定期購読料、年間財産保険料、低価格消耗品等。アカウントの借方登録の増加は、支払われた、または発生したさまざまな費用を示し、クレジットの登録の減少は、現在の製品コストが負担する必要のある費用を示します。残高は借方にあり、支払われたがまだ償却されていない費用の金額を示しています。アカウントは、経費項目に従って分類および計算する必要があります。
「未払費用」勘定は負債勘定であり、このタイプの費用は支払われるという性質を持っていますが、ある程度は支払われません。未払費用とは、各期間の費用および費用に前もって別々に含まれているが、実際には後で支払われる費用を指します。たとえば、未払家賃、保険料、ローン利息、修理費用などです。口座の借方登録減額は実際の支払額を表し、貸方登録増額は計画に従って事前に引き落とされ、当期の費用に貸方記入された金額を表します。残高はクレジット側にあり、引き出しられたがまだ支払われていない金額を示します。アカウントは、経費項目に従って分類および計算する必要があります。
例7:ある会社が銀行預金を使って今月の固定資産の毎日の修理に300元を支払い、そのうち200元は生産工場が負担し、100元は工場が負担します。この例では、一方では会社の銀行預金が減額されており、銀行預金口座に貸方記入する必要があります。他方では、固定資産の修理費用はその使用量に基づいて製造費口座に記録する必要があります。借方、工場の修理費は管理費勘定の借方に貸方記入されます。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。

借入:製造原価200、管理費100;貸付:銀行預金300
例8:Huaxing Companyは、銀行預金を使用して、工場の自動車の修理に3,600元を支払い、6か月で償却しました。毎月の償却額= 3600÷6 = 600。この経済事業の発生は、一方では会社の銀行預金が3,600元減少し、これは銀行預金口座に貸方記入されるべきであり、他方では借方、共有費用勘定の借方である。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:管理費600前払費用3,000;貸付:銀行預金3600
例9:今月までに負担すべき機械設備のオーバーホール費用は1,000元であり、そのうちワークショップは540元、工場部門は460元である。この経済事業の発生は、一方で、当期に発生した固定資産の主要な修理費用は、固定資産を使用する部門に応じた費用費用勘定、つまり製造費の借方に記録する必要があります。ワークショップが負担する必要のある勘定、工場部門負担は管理費勘定の借方に貸方記入されます。一方、会社の毎月の見越額は増加し、未払費用勘定科目に貸方記入する必要があります。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:製造費540管理費460;貸付:未払費用1000
3.3。無形資産の償却の会計処理
無形資産とは、商品の生産、労働サービスの提供、他者への貸し出し、または管理目的で、物理的な形態なしに企業が保有する非金銭的長期資産を指します。私の国の現在のシステムによると、特許権、非特許技術、商標権、著作権、土地使用権、フランチャイズ権、のれんなどの無形資産は企業資産の一部です。有形資産と同様に、その価値は維持されます。使用とともに減少します。したがって、無形資産は、取得月からの予想耐用年数の範囲内で分割払いで均等に償却し、管理費に含める必要があります。
無形資産の会計処理では、無形資産の増加、減少、変更、および償却を説明するために「無形資産」勘定を設定する必要があります。 「無形資産」勘定:この勘定は資産勘定です。借り手はさまざまなソースからの無形資産の価値の増加を登録し、貸し手は無形資産からの投資移転の減少、無形資産の移転などを登録します。および各期間における無形資産の償却額。残高は通常、無形資産の最終残高を反映して借方にあります。 「無形資産」勘定は、通常、無形資産のカテゴリーに従って設定されます。
例10:Huaxing Companyは、特許権を120,000元の価格で購入し、10年間で償却しました。毎月の償却額= 12000÷10÷12 = 1000。この経済事業の発生は、一方では無形資産の償却により無形資産の帳簿価額が1,000元減少し、これは無形資産勘定に貸方記入されるべきである一方、当月の償却費は管理費勘定に貸方記入されます。借方。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:管理費1000;貸付:無形資産1000
4.4。事務費、水道代、電気代の会計
例11:銀行預金を使用して、事務費に2,400元、光熱費に1,600元を支払います。これには、生産ワークショップに2,200元、工場に1,800元が含まれます。この経済的事業の発生は、一方では会社の銀行預金が少なく、他方ではワークショップの負担は製造費勘定で借方に記入されるべきであり、工場の負担は経営者で借方に記入されるべきである。経費勘定。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:製造原価2200管理費1800;貸付:銀行預金4000
5.5。旅費の会計
旅行者が事前に借り入れた旅費は、他の売掛金勘定に反映されるものとします。 「その他の売掛金」勘定:この勘定は、企業やその他のユニットまたは個人による製品の販売および労働供給に加えて発生するさまざまな売掛金および一時的な支払いを反映する資産タイプの勘定です。罰金および未収金、借入前の旅費、準備金、保証金および保証金など。アカウントの借方登録の増加は、他の売掛金が発生したことを示します。貸方登録の減少は、他の売掛金が回収されたことを示します。残高は通常、借方にあり、企業がまだ回収していない他の売掛金を示します。アカウントは、さまざまな債務者によって設定された詳細なアカウントに従って分類および計算されるものとします。
例12:工場長のLi Mingは、出張で1,000元の旅費を事前に借り入れ、現金で支払いました。この経済事業の発生は、一方では会社の現金が減少し、現金勘定に貸方記入されるべきである一方、他方では会社が工場長の李明から徴収すべき金額が増加し、貸方記入されるべきである。他の売掛金勘定へ。借方。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:その他の債権-李明1,000;貸付:現金1,000
例13:Li Mingが出張から戻ってきたとき、彼は旅費を800元返済し、超過金を返済し、決済前にローンを決済します。この経済事業の発生は、一方で、工場部門が負担する旅費が800元を負担し、それは管理費勘定の借方に貸方記入されるべきであると同時に、会社の現金は200元増加した。 、これは現金口座の借方に貸方記入する必要がありますが、一方、借方に記入する必要があります。以前に李明が借りた1,000元の旅費は、他の受取口座に貸方記入する必要があります。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:管理費800現金200;ローン:その他の債権-李明1,000

(4)製造費の徴収と分配製造費とは、企業の生産工場で製品を製造するために発生するさまざまな間接生産費を指します。これらの費用の発生は、一般的に受益者を直接決定することはできません。したがって、製造費用が発生した場合、最初に製造費用勘定の借方から徴収する必要があります。期間の終わりに、特定の方法を使用して、計算前のすべての受益者。製造原価勘定に借方記入します。
1.1。製造原価の徴収
製造費の徴収には、主に、生産ワークショップ管理のための原材料と補助材料、ワークショップ管理要員の給与と福祉、機械設備などの固定資産の減価償却費と修理費、ワークショップ、およびワークショップ管理の日常消費が含まれます。
上記の事業を通じて、企業が負担する様々な生産費とその会計処理方法について説明した。期間の終わりに、現在の期間に企業が負担したさまざまな製造費用は、ワークショップまたは部門によって収集および要約されるものとします。実際の作業では、この収集および要約作業は、製造費の詳細なアカウントを登録することによって完了します。会計の基本では、製造費を登録するためのT字型の勘定科目の形で説明します。以下に、上記の生産プロセスにおける主要な経済活動の会計エントリを使用した、アカウントの登録と製造費用の収集について説明します。

上記の製造費のT字型勘定の借方の合計額から、当期に会社が負担した製造費の合計額は17,500元であることがわかります。
2.2。製造費の配分
製造費が徴収された後、すべての製造費は期末に製造原価勘定に振り替えられ、当期の完成品の製造原価が計算されます。ワークショップが今月1つの製品のみを生産する場合、総製造費は製品の生産コスト内訳に直接転送できます。2つ以上の製品が生産される場合、総製造費を採用する必要があります。特定の割り当て基準が異なる製品に割り当てられます。 。
製造原価を配分するには、まず合理的な配分基準を選択する必要があります。一般的に使用される配分基準には、生産時間、機械時間、生産労働者の賃金が含まれます。計算式は次のとおりです。
製造原価配賦率=配賦する製造原価/各種製品配賦基準の合計;特定の製品に配賦すべき製造原価=製品の配賦基準×製造原価配賦率
例14:A製品とB製品を生産する労働者の賃金の割合に応じて、今月発生した総製造コスト17,500元を分配します。製造費の分配率= 17500 /(40 000 + 30 000)= 0.25。製品A = 40000×0.25 = 10,000元が負担すべき製造原価;製品B = 17 500-10 000 = 7500元が負担すべき製造原価
上記の経済事業の発生は、一方では企業の総製造原価が17,500元減少しました。これは流通と持ち越しのためであり、これは製造費勘定に計上されるべきです。他方では、製造原価です。 A製品とB製品はそれぞれ10,000元増加し、7,500元は製造原価勘定に借方記入される必要があります。具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:製造原価-10000;製造原価-B製品7500;貸付:製造原価17500
(5)製品原価の計算と繰り越し製造工程での完成品は完成品であり、「在庫品」勘定で会計処理されます。
「在庫品」勘定科目:この勘定科目は資産タイプの勘定科目です。在庫品とは、企業がすべての生産プロセスを完了し、倉庫にチェックインして販売を待機している製品を指します。これは主に、企業が完了して倉庫にチェックインした販売可能な完成品の実際の生産コストを計算および監視するために使用されます。この勘定科目の借方には、すべての生産プロセスを完了して倉庫にチェックインされた完成品の実際原価が登録され、貸し手は倉庫からの完成品の実際原価を登録します。残高は借方にあり、在庫の完成品の実際の原価額を表します。この勘定科目は、完成品の種類と仕様に応じて設定する必要があり、詳細な分類と会計のために詳細な勘定科目を設定する必要があります。
前述のように、製品コストは、直接材料、直接労働、製造コストの3つの部分で構成されます。直接材料と直接労働は直接費と呼ばれ、発生時に直接製造原価勘定の借方に含めることができます。製造費は間接費とも呼ばれます。分配は製造原価勘定に含まれます。このとき、当期に特定の製品の生産に要したすべての生産費は、生産原価勘定の借方に含まれ、生産原価勘定の借方になり、製品完成費用は次のように繰り越されます。製造原価勘定のクレジット。
当期に同社が生産した製品の中には、完成しているものもあれば、まだ完成していないもの(仕掛品)もあるため、完成品の原価を計算する際には、完成品と進行中の製品。次の式を実行できます。
期間の初めに進行中の作業のコスト+期間の生産費-期間の終わりに進行中の作業のコスト=現在の期間の完成品のコスト
実際の作業では、製造された製品の種類に応じて詳細な製造原価勘定を設定し、完成した各製品の総原価と単価を計算する必要があります。 [4] 例15:企業が生産したA製品とB製品はすべて現在の期間に生産され、開始製品は進行中ではありません。その中で、A製品はすべて現在の期間に完成し、完成した出力は次のようになります。 1,000個。製品Bの期末仕掛品原価は3,700元(直接材料2,000元、直接労働1,200元、製造原価500元を含む)で、この期間に2,000個が完成しました。完成品AおよびBのコストを計算して繰り越します。

完成品の総コストと単価を計算した後、完成品のコストを繰り越し、対応する会計エントリを準備する必要があります。 この事業では、完成品の在庫の増加を在庫商品勘定に借方記入する必要がある一方で、生産コストの削減により、生産コストを生産原価勘定に貸方記入する必要があります。製品の保管が完了したため。 具体的なアカウンティングエントリは次のとおりです。
借入:在庫商品-製品A155600製品B158 000;クレジット:製造原価-製品A155600製品B158 000
上記の事業から、製造原価勘定は、製品の製造工程で発生するさまざまな製造費を収集し、それに基づいて製品の原価を計算する勘定であることがわかります。製品が完成してライブラリにチェックインされた後、完成した製品のコストを決定することができ、製品の製造プロセスが完了したことを示します。