ホーム » 製造ガイド » 機械加工 » 板金加工技術の分析

板金加工技術の分析

Posted by: castingdie 2021-07-21 板金加工技術の分析 はコメントを受け付けていません

板金加工技術には百科事典が必要

板金図面の技術要件

一般的には、技術的要件には、「S'X0 R / P%Y
1.マークされていない許容差要件IT01、IT0、IT1、IT2〜IT18
2.いくつかの要件の詳細(例えば、サンディングなど)
3.表面処理には0 M $ r * D6が必要ですか? そして|。 ] 3 {&h + w} r
4.溶接がある場合、溶接ビードを処理する必要があります。

板金の技術的要件
マテリアル**(マテリアルの名前と仕様を指定しなければならず、あるものは国家標準コードの作成が必要です)。
材料の厚さと品質は国家基準に従うべきです。 使用される材料は、性能試験報告書および製造業者の証明書を示すべきである。
素材の外観:滑らかでさびのない、ひび割れや変形なし。
部品のサイズ:図面と国家規格によると、重要なサイズはゼロ欠陥です。
パフォーマンス:テストコンポーネントとパフォーマンスは製品要件を満たします。

1.部品は酸化物を除去する。
2.部品の表面は、傷、擦り傷その他の欠陥によって損傷してはならない。
3.バリを除去する。
4.調整後、28HRC〜32HRC。
5.パーツは350〜370℃、40HRC〜45HRCの高周波焼入です。
6.浸炭深さは0.3mm.7です。 高温時効処理を行います。
8. GB1184-2000に従って公差を満たすべきではないことに注意してください。
9.マークされていない寸法公差は、GB / T1804-m
10. 鋳造許容ゾーンは、ブランク鋳造の基本的なサイズ構成と対称である。
11.射出半径R5なし。
12.射出面取りは2×45°ではありません
13.転がり軸受を組み立て、熱負荷のためにオイルを加熱させます。 油温は100℃を超えてはいけません。
14.歯車組立が完了した後、歯面の接触点およびバックラッシュは、GB10095およびGB11365の要件を満たす必要があります。
15.油圧システムを組み立てるときは、シールパッキンまたはシーラントを使用することができますが、システムへの侵入を防ぐ必要があります。

18.組み立てられた部品および部品(購入部品を含む)は、組立前に検査部門によって検査されなければならない。
19.締め付けトルクを必要とするファスナーの場合は、トルクレンチを使用し、規定の締め付けトルクで締め付ける必要があります。
20.テーパピンを組み立てるときは、穴の色をチェックする必要があります。 接触率は、嵌合長さの60%以上であってはならず、均等に分布していなければならない。
21.フラットキーと上部キー溝の両側を均等に接触させ、合わせ面に隙間がないようにしてください。
22.スプライン組立体が同時に接触する歯面の数は2/3以上である。 キー歯の長さ方向および高さ方向の接触長さは、50%以上でなければならない。
23.フラットキー(またはスプライン)が摺動可能に取り付けられている場合、位相継手は自由に動くので、緩んではいけません。
24.余分な接着剤は結合後に除去する必要があります。
25.ベアリングの外輪とオープンベアリングハウジングとベアリングキャップの半円形の穴は引っ掛けてはいけません。
35.ベアリングの外側リングは、開いたベアリングハウジングとベアリングキャップの半円形の穴に良好に接触する必要があります。 着色検査を使用する場合、軸受ハウジングは中心線に対して120°対称であり、軸受キャップとの接触は中心線に対して90°対称でなければなりません。 フィラーゲージを上記範囲内で使用する場合は、0.03mmのストッパを外輪幅の1/3に挿入してはならない。
26.ベアリングの外輪を組み立てた後、位置決めベアリングキャップの端面に均一に接触する必要があります。
27.転がり軸受を取り付けた後は、手動で回転させて可撓性があり、安定していなければなりません。
28.上部ベアリングブッシュと下部ベアリングブッシングの接続面は、0.05 mmのフィラーゲージでしっかりと接続して検査し、挿入することはできません。
29.軸受を位置決めピンで固定するときは、軸受面と端面を確保し、軸受穴の開口部を端面と面一にしてください。 ページ状態に入った後、ヒンジとドリルピンが緩んでいてはいけません。
30.球面ベアリングのベアリング本体とベアリングハウジングは均一に接触しており、着色検査に合格していなければなりません。 連絡先は70%以上でなければなりません。
31.合金軸受内張りの表面が黄色の場合、使用することができず、特定の接触角では接触角以外に核生成がない。 核面積は、非接触エリアの総面積の10%を超えてはならない。
32.ギヤ(ウォームギヤ)(または位置決めスリーブの端面)の基準端面と肩部を取り付ける必要があります。 0.05mmのフィラーゲージで点検し、挿入しないでください。 歯車基準端面の軸に対する垂直性も保証する必要があります。
33.ギアボックスとカバーとの接触面は良好に接触している必要があります。
34.組み立てる前に、部品に残っている鋭い角やバリ、異物を点検して取り除いてください。 取り付け中にシールに傷がつかないようにしてください。