ホーム » 加工製造

加工製造

加工・製造とは、主に抽出物や農産物などの原材料を加工したり、加工業界で製品を再加工・修理したり、部品や部品を組み立てたりする産業部門の総称です。一般に、冶金、機械、厚肉鋼管、電子機器、化学薬品、石油化学製品、木材加工、建築材料、製紙、繊維、食品、皮革産業などを指します。

加工・製造業は、自社で購入した(またはクライアントから提供された材料に応じた)原材料の大量の標準化された生産ライン処理です。大量の標準化された生産ラインが最も重要な特性です。加工および製造業の。機器製造業と比較して、加工製造業における最も基本的な競争方法は原価競争です。従来の加工および製造業は、過去の労働の産物を、冶金、機械、電子機器、化学、石油化学、木材加工、建材、製紙、繊維、食品、皮革産業などの労働対象として使用しています。技術の進歩に伴い、加工・製造業は、高度な技術、新技術、新技術、新素材生産を利用した高付加価値の加工・製造業へと徐々に移行してきました。

加工・製造企業とは、外国企業が製品を加工するための生産技術や原材料を提供することで90Tの利益を得る企業です。我が国は先進国に比べて人材が豊富で人的生産コストが低いため、改革・開放後、労働集約的な加工・製造業が活発に発展し、かつて我が国の経済の急速な発展に貢献しました。しかし、「ルイスの転換点」の到来により、加工・製造を行う国内の中小企業、特に技術や設備の更新に注意を払わず、安価に使用する企業に大きな影響を与えています。利益の手段としての労働。打撃。

原価管理

  1. コスト管理の概念を確立し、革新的な企業のコスト管理システムを改善します。経営陣と企業内の全従業員の間でコスト管理の概念を確立し、製造プロセスにおける原材料、人件費、製造コストの管理を把握します。企業のコスト管理システムの革新は、処理および製造企業が新しい経済環境で生き残るための重要な手段です。イノベーションは、企業の実際の状況に基づくイノベーションです。包括性、客観性、合理性、効率性の原則に従い、生産プロセスにおける契約リンクの高価格を制限し、コスト管理作業の完全な実装を確保する必要があります。ワークショップと個人には、すべてのリンクに関連する責任者がいます。
  2. 革新的な企業のコスト管理システムを改善する過程で、関連する企業経営者は、関連する管理規則を断固として実施し、コスト管理の使用条件を特定することを学び、一般の人々から広く意見を求める必要があります。経営幹部にとっては、企業の従業員のサポートと理解も必要です。コスト管理で真に良い仕事をするためには。
  3. 廃止された情報の現状を改善し、合理的なコスト管理を実装します。企業経営者は、コスト管理の研究を深め、コスト管理の理論的システムを深く理解し、構成コストのすべての側面を深く理解し、科学的かつ合理的なコスト計算方法を知り、全体的な生産プロセスを管理する必要があります会社のコスト管理管理では、高度な指標を使用して、各プロセスのコスト削減の可能性を測定します。また、比較コスト管理の範囲を企業内から同じ規模と強さの同じ業界の企業に拡大し、高度なレベルを比較して、独自の欠点と改善の方向性を見つけます。国内の経験を吸収しつつ、海外の先進的な企業経営システムから教訓を得て、コスト構成比率を合理的に配分し、コスト管理管理が企業の競争優位性を高めるための有利なツールとなるようにする必要があります。
  4. 企業経営は人を重視するため、経営過程では、従業員の利害関係を十分に把握し、コスト管理と福利厚生を適切なインセンティブメカニズムと組み合わせ、ボーナスを従業員のやる気を引き出す手段として使用する必要があります。コストを効果的に管理するため。コストの上昇を管理するための貢献は、差額所得として実施されます。従業員管理における精神的コストを削減し、精神的コストによる材料費の管理を促進するため。

市場競争

国内外の熾烈な市場競争に勝ち抜く方法、そしてコストを削減し、収益を増やす方法は、加工および製造企業にとって緊急かつ緊急の問題です。困難な状況では、企業を管理するための高度なコスト管理モデルを導入することは、市場競争で確固たる足場を築くための重要な手段です。コスト管理には、コスト予測、意思決定、計算、会計、管理などが含まれます。これは、企業の生産と運営におけるさまざまなオブジェクト指向のコストの管理動作の総称であり、管理の場合もあります。コスト情報を提供し、管理上の決定を支援します。合理的なコスト管理によるコスト削減は、企業の存続にとって非常に重要です。コスト削減は、企業の利益を直接増加させ、企業に良い利益をもたらすことができます。また、企業の経営改善レベルを向上させ、競争力を高めることができます。しかし、一部の加工・製造企業は企業コスト管理モデルの革新を欠いており、不完全なコスト管理システム、マネージャーの弱いコスト管理概念、戦略の欠如、時代遅れのコスト情報、効果のないコスト管理、インセンティブの欠如などの問題があります加工・製造企業の発展と経済を深刻に制限するメカニズムなど。

  1. 時代遅れのコスト管理システム世界経済の状況は急速に変化し、市場構造は絶えず変化しており、製品のコストにおける流通分野のコストは大幅に増加しています。従来のコスト管理システムでは、コストの範囲が非常に限られており、原材料や人件費などの生産分野で発生するコストのみが含まれます。唯一の手段は、消費を削減してコストを節約し、製品の開発を無視することです。生産技術、人材育成、流通。コスト構成。生産量の増加、労働者の収入の減少、売上高の維持はコスト削減につながると考えられており、市場の消費能力を考慮せずに、短期的にはやみくもに生産を拡大することになります。企業のコスト管理のための武器であり、在庫問題につながる可能性さえあります。販売の困難と資金の回収の遅れは、生産を拡大するプロセスを妨げ、会社の全体的な競争力を低下させます。
  2. 経営者の低コスト管理の概念と戦略的な市場経済の欠如により、企業は自己資金調達の主体になります。経営者の意思決定の正確さが企業の存続を決定します。市場志向の経験管理モデルは次のとおりです。計画経済における政府の指示とは異なります。古い経済形態に向けられていますが、一部の企業経営者は役割の変更を完全に認識しておらず、「政府に依存する」という古い悪い考えを保持していましたが、気にしませんでした企業の存続について、そしてコスト分割、調整、在庫在庫を台無しにしました。計算、作成されたデータ、およびコスト比率の人為的な調整でさえ、コスト管理はアプリケーションの効果を発揮できず、デッドレターになります。あるいは、特定のコスト管理のアイデアはあるが、戦略的なイデオロギーのガイダンスが不足している可能性があります。コストを削減しながら会社の長期的な競争力を向上させておらず、市場シェアと一部の顧客をある程度失っています。しかし、詳細な分析では、ほとんどの加工および製造企業は持続可能な開発のためのスタミナを欠いており、価格が競争力であり、安い労働力が利益方法である業界チェーン全体の最下位にあります。mTコアテクノロジーには革新がありません。不利な立場、繰り返し疑われる投棄、貿易摩擦と頻繁な為替レートの変動と相まって、加工企業は莫大な経済的損失を被っています。
  3. 一方的なコスト情報従来の加工・製造業は労働集約型の企業であり、一般的には生産量と直接労働時間に基づいて流通しますが、技術の進歩と技術の進歩により、労働者の労働時間はより長いコストの主要な側面。しかし、機械の減価償却、技術的財産権などがコストの主要な部分を構成します。したがって、一方的なコスト計算方法では、企業の意思決定者が不正確なコスト情報を使用して意思決定を行うことができます。これは、企業の開発と運営にとって非常に誤解を招く恐れがあります。
  4. インセンティブメカニズムの欠如:従来のコスト管理システムと古い管理方法は、新しい状況下の管理システムにはもはや適していません。これまで、コスト管理は主に上位の管理部門の介入に依存し、コストの構成は管理手段によって厳格に規制されていました。市場経済の時代には、市場はコストの重要なガイドになりました。ただし、一部のビジネスでは管理者は依然として企業内で考え方を変え、コストを実行します。管理と管理では、コスト管理プロセスにおける各生産ユニットの責任が明確でないか、個人または特定の作業ユニットに実装できないか、特定のインセンティブメカニズムがありません。

管理コスト

  1. 原材料:原材料の購入チャネルは、各製造会社の玄関口であり、企業秘密でもあります。これは、コスト管理の第1レベルです。次に、企業は、さまざまな原材料の特性に従って原材料を分類する必要があります。季節性や保管期限などの材料を購入する際には、どちらも考慮すべき問題です。購入した材料を処理時まで保管できるかどうかは、不要な損失やコストの増加につながります。最後は保存です。原材料を保存する際は、保管期間中の材料の損失を減らし、倉庫管理規則を設計し、それらを最大限に活用するように注意してください。
  2. 生産損失:生産の実際のデータは、事前に計算されたデータと異なることがよくあります。これは、生産プロセスで不要な損失が発生するためです。たとえば、会社がソーセージを生産し、豚肉のバッチを購入します。この豚肉のバッチは、標準重量の完成ソーセージを1,000個生産しましたが、900個しか生産されていませんでした。その理由は、生産設備に時々肉スラリーが漏れていたことが原因であると調査されました。この機器の修理には5000元かかります。会社がこのような状況に遭遇したときは、支出に見合う価値があるかどうかを検討する必要があります。
  3. つのチャネルの問題:原材料の購入であろうと完成品の販売であろうと、可能な限り直接販売を使用する必要があります。つまり、仲介業者を使用しないでください。このようにして、製品の価格競争力を大幅に向上させることができ、完成品の総コストも大幅に削減することができます。