ホーム » 製造ガイド » 機械加工 » 五芒星3次元モデリングと数値制御加工プロセス分析

五芒星3次元モデリングと数値制御加工プロセス分析

Posted by: castingdie 2021-08-03 五芒星3次元モデリングと数値制御加工プロセス分析 はコメントを受け付けていません

この設計では、主にCNC加工技術の概要、CNC加工の切削基盤、CNC加工技術の設計、CNC加工プロセス文書、CNC加工ツールシステム、CNC加工治具、複雑形状部品のCNC加工プロセス、CNC旋盤加工センター加工プロセス。
キーワード:プログラミング、プロセス解析、CNC加工

五芒星3次元モデリング
1.五芒星形を描きます。
曲線生成ツールバーのボタンをクリックして、空間曲線の描画状態を入力します。 フィーチャーツリーの下のインスタントメニューで、円形メソッド "Center Point_Radius"を選択し、プロンプトに従って座標システムの原点をクリックするか、Enterキーを押します。 ポップアップダイアログボックスで、中心点(0,0,0)、半径R = 100の座標を入力して確認し、右マウスボタンをクリックして円の描画を終了します。
Note: When inputting the coordinates of the point, it should be input under the status of English input method. Otherwise it will result in an error.
2.五角形を描きます。
曲線生成ツールバーのボタンをクリックし、フィーチャーツリーの下のダイレクトメニューで「中心」を選択し、エッジの数が5であることを確認して内部で接続します。 システムプロンプトに従って、中心点を取得します。 内半径は100です(入力方法は円グラフと同じです)。 右クリックすると、五角形の図が終了します。 だから私たちは五芒星を得ました。 以下に示すように

3. 輪郭線の五芒星のコンフィギュレーション
上記の操作で、カーブ生成ツールバーの直線ボタンを使用して、5つ星の星の5つのコーナーを取得しました。 フィーチャーツリーの下にあるダイレクトメニューでは、2点線、連続、非直交(図のように)を選択して、5つ星の角のコーナーを接続します。 以下に示すように。
 
削除ツールを使用して余分な線分を削除し、ボタンをクリックしてボタンをクリックして線分を追加します。 ピックされた線分が赤色に変わり、次に右のボタンをクリックして確定します。

4.スペースフレームは、五芒星の構成です。
スペースフレームを構築するとき、我々はまた、五芒星の頂点を必要とします。だから我々は、このようなスペースフレーム構造の五芒星は二つの点で達成することができ、五芒星の高さ方向の位置(0,0,20)を見つける必要があります。
ツールバー上のボタンを使用してリニアカーブ生成、「2行」、「連続」を選択し、フィーチャーツリーの下のダイレクトメニューで「非直交」を選択し、マウスを使用して五角形の隅をクリックします。次に、Enterをクリックし、頂点座標(0,0,20)を入力します。
同様に、5つ星の星の頂点と頂点との間の接続によって、5つ星の星の空間ワイヤフレームが完成します。
以下に示すように。

ペンタグラムの表面生成
(1) 罫線サーフェスからサーフェスを作成します。
一例として、5つ星の角を取る。 SurfaceツールバーのRuled Surfaceボタンをクリックし、フィーチャーツリー下のInstant MenuでCurve + Curveオプションをクリックして、スクライブされたサーフェスを生成します。 次に、マウスの左ボタンを使用して、コーナーに隣接する2つの線を選択し、サーフェスを完成させます。
(2) 他のコーナーのサーフェスを生成します。
他のサーフェスを生成するときは、通常のサーフェスを使用してサーフェスを1つずつ生成するか、または配列関数を使用して角の付いた円形サーフェスの配列を実行して、5つ星のサーフェスの組み合わせを実現できます。 ジオメトリ変換ツールバーのボタンをクリックして、フィーチャツリーのショートカットメニューからLoop Array Modeを選択します。 分布パターンは「均等配分」であり、部数は「5」である。 マウスの左ボタンを使用して角の2つのサーフェスを選択し、右マウスボタンをクリックして確定します。 プロンプトに従って中心点(0,0,0)の座標を入力します。また、マウスを使用して座標原点を選択すると、システムによって各コーナーのサーフェスが自動的に生成されます。 以下に示すように。
 

注意:隣接する線を選択するときは、マウスを可能な限り一貫して(対応する位置)ピックアップして、スコアリングされた正しい面を取得する必要があります。
注意:円形配列を使用する場合は、配列平面の選択に注意してください。そうでない場合、配列に配列エラーが発生します。 したがって、この例では配列を使用する前に、配列平面がXOY平面であることを確認するために "F5"ショートカットを押すことをお勧めします。

(3)五芒星のプロファイル面処理を作成します。
円は原点を中心とし、半径110です。SurfaceツールバーのFlatツールボタンをマウスでクリックし、フィーチャーツリーの下にあるImmediateメニューからCut Planeを選択します。 マウスを使用して平面輪郭を選択し、チェーン探索方向(マウスポインタで)を決定すると、システムは最初の内部輪郭を選択するように促し、星の一番下の線を選択するためにマウスを使用し、確認するためにマウスの右ボタンをクリックします。 輪郭面を完成させる。 以下に示すように。
 

6.処理エンティティを生成する
(1)プリミティブを生成する。 フィーチャーツリーでXOY平面を選択し、右マウスボタンをクリックして、図のようにCreate Sketchを選択します。 または、「Create Sketch」ボタン(ショートカットキーF2を押す)をクリックすると、スケッチの状態になります。
Curve GenerationツールバーのCurve Projectionボタンをクリックし、マウスを使用して既存の輪郭円を選択し、円を図のようにスケッチに投影します。 [フィーチャー]ツールバーの[フィードを延長]ボタンをクリックし、図のように[ストレッチ]ダイアログボックスで適切なオプションを選択します。 [OK]をクリックして終了します。

               
(2) サーフェスを使用して素材をカットしてソリッドを作成します。
フィーチャーツールバーの「カーソルカット」ボタンをクリックし、マウスを使用して既存の各サーフェスを選択してから、材料除去方向を選択します。 OKをクリックして、図のように完了します。
(3) 非表示機能を使用してサーフェスを非表示にします。 クリックして[編集] – [非表示]を選択し、マウスを使用してエンティティを右から左に選択し(マウスで単一の面を選択)、右クリックして確定し、物理的な曲を非表示にします。 示されるように。

 
4.2 ペンタグラムNC加工
     まず、ラフティングパラメータの設定
1.「粗さパラメータ」を設定します。 [Applications] – [Track Generation] – [Contour Roughing]をクリックします。 ポップアップする "Roughing Parameter Table"で、図のように "Roughing Parameters"を設定します。

2.荒加工の「フライス加工パラメータ」を設定します。 下図のように

3.システムプロンプトに従って加工輪郭を選択します。
処理領域を設定する矩形を選択し、チェーン検索矢印をクリックします。システムは、全ての面ピックアップ「ピックアップ処理面」を促し、表面全体を選択し、システムエンティティは赤色に変わり、次いで右端を押してください。
4.荒削りツールパスを生成します。
ヒント: "表面を準備してください"、 "表面処理"など、システムは自動的に粗い弾道を生成します。
その結果を図に示す。
 
5.生成された荒削りトラックを非表示にします。
トラックをピックアップします。 ポップアップメニューを右クリックし、[Hide]コマンドを選択して、結果として生じる荒いパスを隠すと、次のステップが容易になります。

第2に、微細加工パラメータ設定
1.セット「パラメータを完了します。」 [適用] – [トラック生成] – [スキャンライントリミング]をクリックし、ポップアップメニュー「トリミングパラメータテーブル」で「トリミングパラメータ」を設定します。 以下に示すように。
 

2.仕上げ "ミルカッターパラメータ"を設定します。 下図のように
 
3.システムプロンプトに従って、部品面全体を加工面としてピックアップし、右ボタンを押して確定します。 システムは「干渉表面を拾う」と促します。 部品に干渉面がない場合は、右のボタンを押してスキップを確認します。 システムは "Pick Outline"のプロンプトを表示し続け、マウスを使用してパーツの輪郭を直接ピックアップし、右クリックして確認し、チェインサーチ方向を選択して決定します。
4.軌道生成が完了する。 以下に示すように。

注:仕上げのための加工余裕= 0。
5、加工シミュレーション、ツールパスの検査と修正
(1) "Visible"アンモニウムを押して、生成されたすべてのラフ/仕上げ加工トラックを表示します。
(2)[Application] – [Trajectory Simulation]をクリックし、図のようにImmediate Menuでオプションを選択します。 荒削り工具の軌道をピックアップして軌道を仕上げるように指示されたシステムに応じて、右のキーを押します。 システムはシミュレーション処理を実行します。
写真が示すように。

6, シミュレートされた加工パスパスを観察し、正しい工具パスが妥当かどうかを判断するためにテストします(オーバーカットやその他のエラーの有無を問わず)。
7. [アプリケーション] – [トラック編集]をクリックして、「トラック編集」テーブルを開きます。 プロンプトに従って、対応する加工パスまたは対応するトラックポイントを選択し、対応するパラメータを変更して、ローカルトラックを修正します。 変更が大きすぎる場合は、加工経路を再生成する必要があります。
8.シミュレーションテストが正しく行われた後、荒削り/仕上げトラックを保存することができます。

第3に、Gコードを生成する
1. [アプリケーション] – [後処理] – [Gコードの生成]をクリックします。
ポップアップの[ファイルの選択]ダイアログボックスで、ファイル名(五角形、カット)とその保存パスを入力してNCコードを生成し、[OK]を押して終了します。
2.粗引きパスと仕上げパスを別々に選択し、右ボタンを押して決定し、加工Gコードを生成します。
ペンタグラムハンドラ次のように:
(6,2008.11.17,16:35:36.8)
G90G54G00Z50.000
S3000M03
X0.000Y0.000Z50.000
X-115.000Y115.000
Z30.000
G01Z20.000F100
X115.000F1000
Y110.000F800
X-115.000F1000
Y105.000F800
X115.000F1000
Y100.000F800
X-115.000F1000
Y95.000F800
X115.000F1000
Y90.000F800
X-115.000F1000
Y85.000F800
X115.000F1000
Y80.000F800
X-115.000F1000
Y75.000F800
X115.000F1000
Y70.000F800
X-115.000F1000
Y65.000F800
X115.000F1000