ホーム » 製品 » 電子製品 » ホンダがロケット打ち上げ事業に参入

ホンダがロケット打ち上げ事業に参入

Posted by: castingdie 2021-10-01 ホンダがロケット打ち上げ事業に参入 はコメントを受け付けていません

ホンダがロケット打ち上げ事業に参入

「ロケットの燃焼と材料に関連する技術は自動車メーカーの手に委ねられています。 技術の応用分野を変えるだけです」とホンダの三部敏宏CEOは語った。

ホンダは、ICEエンジンと自動運転技術の専門知識がこの市場への参入に役立つと考えています。 すでにプロトタイプのロケットエンジンを開発しています。

計画は、500kmから2000kmの軌道にXNUMXトン未満の重さの衛星を打ち上げるための再利用可能なロケットを開発することです。

再利用可能なものを使用すると、使い捨ての場合と比較して、45万ドルの発売コストが半分になります。

衛星は、通信、観測、および自動車の位置データに使用されます。

ホンダは2030年に最初のテストロケットを打ち上げる予定です。小型衛星打ち上げ市場は7年までに2025億ドルの価値があると推定されています。

ホンダは昨日、eVTOLの空飛ぶ車も開発すると発表した。