ホーム » 時事問題 » ファーウェイの謙虚なリーダーの新しい定義は、次の課題と何をする必要があるかに直面します

ファーウェイの謙虚なリーダーの新しい定義は、次の課題と何をする必要があるかに直面します

Posted by: Fymicohuang 2021-07-30 ファーウェイの謙虚なリーダーの新しい定義は、次の課題と何をする必要があるかに直面します はコメントを受け付けていません

「Huaweiはまだ能力が限られている会社です。」「HuaweiはEricssonを上回った」という幻想に直面して、Huaweiの上級幹部の言葉は、この巨大企業を外の世界よりもはるかに穏やかにしました。 Su Yiは、Huawei Global Analyst Conferenceに参加する機会を得て、HuaweiのさまざまなBGを詳細に分析および解釈しました。

この記事に反映されているメッセージは、多くの場合、中国企業は強力なハードパワー(販売規模、利益など)を開発しているが、ソフトパワーに遅れをとっており、まだ改善の余地があるということです。言い換えれば、IT Karmaは、より大きな成功と発展を達成するために、想像力と創造性にさらに依存しています。

4G投資とモバイルインターネットの急速な発展に伴い、世界の主要な通信機器メーカーは「冬」から抜け出しています。しかし、Huaweiは世界的な金融危機の下で3年間急速な成長を維持し、2014年には業界の巨人であるEricssonを最終的に上回りました。

過去27年間、Huaweiは「フォロワー」の役割を果たしてきました。今後、ファーウェイは自らを「控えめなリーダー」と新たに定義しました。ファーウェイは次にどのような課題に直面しますか?任正非のリーダーシップの下、ファーウェイの3つの主要事業はこの目的のために調整を行っています。2014年の重要な年に、ファーウェイの準備はどのようになっていますか?

著者は最近、深センに行って第11回Huawei Global Analyst Conferenceに参加し、多くのHuawei幹部と直接会談しました。近年のHuaweiの財務データと、Ren Zhengfeiの最近の社内スピーチを組み合わせると、Huaweiが何であるかを整理できます。新しい戦略の調整が行われています。

HuaweiとEricsson:ニンジンとリンゴを一緒に比較することはできません

HuaweiがEricssonを超えるのはいつですか?これは、通信業界が2012年から注目しているトピックです。過去10年間で、国際通信機器業界の伝統的な巨人は激しい市場競争で栄光を失いました。アルカテルとルーセントは合併し、ノキアとシーメンスの通信機器事業は分割して合併し、ノーテルは破産によって市場から撤退しました。

Huaweiの前回の財務報告によると、2013年の売上高は2,390億元(約395億米ドル)で、前年比8.5%増加しました。純利益は、前年比210億元(約34億7,000万米ドル)でした。 -34.4%の年次増加。競合他社のエリクソンの2013年の売上高は2012年と同じ2,274億クローネ(約353億米ドル)で、純利益は122億クローネ(約18.6億米ドル)で、前年比105%増加しました。 27年間の長距離走の後、Huaweiはついにエリクソンを上回る収益と利益の両方を達成しました。これも国内メディアからの歓声を引き起こしました。

しかし、仲介者として、Huaweiの幹部はそうは思いませんでした。 HuaweiのローテーションCEOであるXuZhijun氏は、次のように述べています。 。」

Huaweiの年次報告書データによると、2013年にHuaweiのオペレーターネットワーク事業は1,665億元(約275.2億米ドル)の売上高を達成しました。これはEricssonのオペレーター事業に約77.8億米ドル遅れています。しかし、同期間に、Huaweiのターミナル事業の収益は約92.4億米ドルであり、企業の事業収益は約25億2000万米ドルであり、全体の規模でエリクソンを約42億米ドル上回っています。

Xu Zhijun氏は次のように述べています。「Huaweiはまだ機能が限られている会社です。」近年、彼はそれができることとできないことを考え、何を諦めるかに焦点を当てています。 2013年、Huaweiはついにそれを理解しました。Huaweiは、業界のリーダーシップを構築し、「謙虚なリーダーになる」ことを目的として、情報が流れる分野(著者のメモ:ストレージとパイプライン)にその機能を集中させましたが、情報フローフィールドの内容。

2014年がファーウェイにとって決定的な年になることは間違いありません。エリクソンを抜いた後、ファーウェイの上級管理職は国内メディアの満場一致の賞賛に応えず、代わりに未来を反映して提示しました。ファーウェイの「控えめなリーダー」の定義は、3つの事業ラインの調整によって徐々に明らかになりました。

ターミナル事業は利益第一を重視し、余承東は存続

余承東が3年間政権を握った後、2013年のHuaweiの消費者向けBG事業の収益は初めて90億米ドルを超え、年間出荷台数は5,200万台で、世界第3位であり、収益性は歴史。

ファーウェイの企業慣行によると、一般的なビジネスラインの主要なリーダーは約3年ごとに交代します。ファーウェイの他の2つのBGは4月上旬に移管を完了し、余承東は引き続き消費者BGを統治しており、任正非がリーダー。ファーウェイの上級幹部は、過去3年間の彼の仕事を確認しています。

しかし、世界の携帯電話業界の大規模な再編と国内市場での価格競争に直面して、Huaweiの経営陣は最近頻繁に発言し、端末ビジネスを規模ではなく利益で変革することを要求しています。

今年3月中旬に開催されたHuaweiの消費者BG管理チームの昼食会で、Ren Zhengfeiは、Huaweiの端末事業がSamsung、Apple、Xiaomiをベンチマーク企業として盲目的に使用してはならないことを明確に指摘しました。期間。Apple;第2に、水平統合はできません。Samsungは州の支援に依存しており、Samsungになることはできません。」したがって、Huaweiは「独自の道を歩む」必要があり、消費者BGは集中する必要があります。利益については、「インターネットに熱を起こさせないでください」。 Ren Zhengfeiの内部スピーチは整理され、インターネットフォーラムから流出しました。これにより、Huaweiの端末調整と将来の傾向について業界やメディアから幅広い注目が集まりました。

Xu Zhijunは、第11回Huawei Global Analyst Conferenceで、「冷酷な発言」も行いました。「消費者BGは、2013年の成功により勢いを増す傾向があり、事前にクールダウンする必要があります。あなたが誰であるか、そして将来。それはどこへ行くのか」。

Huaweiのターミナルビジネスが調整に直面しているかどうかの問題に関して、Xu Zhijunは次のように述べています:Huaweiの消費者BGの将来の戦略は実際にはSanya会議から決定されました(著者へのメモ:2013 Huaweiのターミナル戦略セミナーはSanyaで開催され、RenZhengfeiはHuaweiの端末開発で素晴らしい仕事をしています.4つの明確な指示:収益性、持続可能な開発能力、悪意のある在庫がない、優れたリスク管理)、現在および将来の大幅な調整の計画はありません。今年3月のHuaweiのターミナルでのRen大統領(Ren Zhengfei)のスピーチは、ターミナル事業は独自の道を歩む必要があり、Huaweiの全体的なブランドイメージと一致している必要があることを強調しました。

Xu Zhijunが言ったのは、「Huaweiの全体的なブランドイメージに沿ったもの」です。これは、今年3月にRen Zhengfeiが、Huaweiの事業を「挽く豆腐」にすることはできない、つまり、ターミナル事業の利益はまだ低く、できないと述べたものです。オペレーターと企業のビジネスにマッチします。 「自分の道を歩む」とは、Huaweiの携帯電話事業に「大規模なブランド広告を行わない」ことを要求することです。目標は、製品の経験、品質、サービスに依存して口コミを改善し、「しない」ことです。インターネットに熱を起こさせてください」など。

Huaweiの消費者BGに向けられたRenZhengfeiとXuZhijunのスピーチは、Huaweiの携帯電話事業の運営方法とその将来の方向性に影響を与えます。しかし、著者の観点からは、「大規模なブランド広告を行わず、口コミに頼る」というのは、従来のB2Bの考え方や運営方法に似ており、国際的に成功している消費者ブランドは必然的にブランドに投資します。広告。これは特にビジネスに当てはまります。

Huaweiは以前、2014年に世界で販売する8億〜1億台のスマートフォンを目標としていました。RenZhengfeiの新しい要件の下で、規模に基づくHuaweiの成長目標は調整され始めます。次に、Huaweiの携帯電話事業は2つの大きな問題を解決する必要があります:1。携帯電話事業は海外の高収益市場への拡大を完全に加速しています;2。国内市場に専門家を紹介し、低コストのインターネットソーシャルプラットフォームを強化する必要がありますメディアはマーケティングとブランドコミュニケーションを行っています。これは、余承東とファーウェイの消費者向けBG管理チームにとって新たな課題となるでしょう。