ホーム » 製造ガイド » 機械加工 » ステンレス鋼の機械加工プロセスを説明するいくつかの従来の例

ステンレス鋼の機械加工プロセスを説明するいくつかの従来の例

Posted by: castingdie 2021-09-22 ステンレス鋼の機械加工プロセスを説明するいくつかの従来の例 はコメントを受け付けていません

ステンレス加工技術の例
ステンレス鋼は広く使用されており、機械加工の多くの例があります。 参考のために、旋削加工のほんの数例のみをここに示します。
1.ステンレス鋼の回転:
ワーク素材は1Cr18Ni9Tiで、ワークサイズはØ900mm×720 mmです。 YG8超硬旋削工具の使用を開始、工具形状g0 = 15°〜18°、a0 = 6°〜8°、kr = 75°、ls = -5°〜-8°。 切削量はVc = 28 m / min、ap = 0.3〜0.5 mm、f = 0.16 mm / rです。 旋盤の仕上げ後、sツールを28倍研ぐ必要があり、ワークピース表面の表面マークは非常に明白です。 YG8N超硬旋削工具に変更した後、切削速度が42.4 m / minに増加することを除いて、他の条件は同じです。 ナイフの外側の円を回した後、5回だけ研ぐ必要があります。 ワークの表面粗さRaは3.2μmであり、刃跡は目立たなかった。

2.糸を回す:
被削材は1Cr18Ni9Tiで、ねじサイズはM20×2.5です。 YG8超硬工具の使用を開始、Vc = 10 m / min、f = 2.5 mm / r、ap = 0.3-0.4 mm、工具は一度研がれ、1つの製品を処理できません。 813超硬工具を使用することにより、Vc = 36 m / minで2個以上の部品を処理でき、効率と工具耐久性は2倍以上になります。

3.フライス加工:
被削材はCr17Ni2、切削面、切削量はVc = 90-100 m / min、ap = 3〜4 mm、af = 0.15 mm / zです。 工具はインデックス可能なエンドミルで、工具材料はYW4、工具形状はg0 = 5°、a0 = 8°、kr = 75°、ls = 5°です。 工具の耐久性は41分です。

4. ボアホール:
ワーク素材は1Cr18Ni9Ti、工具素材はYG6およびYG10H超硬合金です。 工具形状パラメータは、g0 = 20°、a0 = 8°、kr = 75°、ls = -3°です。 切削量はVc = 20 m /分、ap = 3 mm、f = 0.32 mm / rです。 同じ条件下で、YG6の工具耐久性は15分間で、切りくずが割れず、ナイフにくっつきます。 YG10Hの工具耐久性は60分で、切削品質は良好です。