ホーム » 製造ガイド » 機械加工 » シャフト部品のプロセス設計解析

シャフト部品のプロセス設計解析

Posted by: castingdie 2021-07-23 シャフト部品のプロセス設計解析 はコメントを受け付けていません

(1)部品図面
図1-1
(2)部品図面の解析
部材の円筒面、そうでストレートアーク、抗弓形、円錐形、凹部、ネジ穴とによって。寸法設定は完了です。ビレットは45#鋼Φ50mm×120mmです。熱処理:モジュレーション、HRC25-35には硬度要件はありません。

(3)処理方法を決定する:
加工方法の選択原理は、加工面の加工精度と表面粗さを確保することです。
加工精度及び表面粗さの同じレベルを得るために多くの方法があるので、実際の選択において考慮形状、寸法、およびそのような他の要因の形状や位置などの部品の公差を考慮する必要があります。この図では、いくつかの精度はより大きなサイズを必要とします。公差値は小さいので、平均はプログラミング中に使用されず、その基本サイズが使用されます。それはプログラミング中の座標(29.7,0)(34,16.5)(46,22.5)を必要とする、テーパー5と円弧カット:1輪郭線を有しています。
上記のデータ分析により、処理効率と経済的処理を考慮すると、最も理想的な処理方法は操舵である。部品がバッチで処理されることを考慮すると、処理装置はCNC旋盤を使用します。 CJK6032 CNC工作機械は、機械加工された部品の形状および材料条件に従って選択されます。
(4)治療計画を決定する
部品表面のより精密な機械加工は、通常、粗削り、半仕上げおよび仕上げによって達成されます。 品質要求のみに基づいてこれらの表面の適切な最終処理を選択するだけでは不十分です。 ブランクから最終成形までの加工計画も適切に決定されるべきである。
ブランクは最初に右端を保持し、輪郭の左端を回転させます。50mm、左側加工Φ46mm、Φ29.7mm、勾配1:5勾配、R6ラジアン、Φ20mm穴あけ、Φ20mm穴、C1.5面取り。
タイトルクランプはΦ46mmの外輪で加工されており、右端はΦ36mm、切削サイプ、M27×1.5、Φ20mm、SΦ20mmの加工糸が加工されており、サイズが小さくなっています。
典型的な軸処理シーケンスは次のとおりです。
準備 – 旋削加工面 – 左端輪郭加工 – 仕上げ左端輪郭加工 – 掘削 – 粗削り – 細かいボーリング – ワークUターン – 荒削り右端輪郭- 右端の輪郭を仕上げ加工する – 切削溝加工 – 粗いねじ切りねじ – ねじを回して仕上げる。

(5)位置決め基準と設置方法を決定する:
(1)位置決め原点:位置決めの基準となるブランク軸と外側円面を決定します。
(2)クランプ方式:3爪の自己センタリングチャックを使用し、センタリングをクランプします。

(6)処理順序と送り経路を決定する:
処理の順序は、粗いものから細かいもの、近いものから遠いものまで決定されます。
すなわち、右から左に、車を荒らし(0.25mmの回転エッジを残して)、
次に、右から左への回転を完了し、最後にスレッドを回します。

7ツール選択
(1)Φ5mmセンタードリルを使用してセンターホールをドリル加工します。
(2)Φ20mm高速スチールツイストドリルを使用してください。
(3)粗い旋削および平坦な端面には90°のカーバイド旋削工具が使用される。
(4)幅5mmのカッターを使用してください。
(5)ねじは、超硬合金60°雄ねじ加工工具で作られています。工具先端半径の半径は、最小円弧半径0.15-0.2mm未満です。 選択された工具パラメータは、NC加工カード(表参照)に入力され、プログラミングおよび操作管理が容易になります。

CNC加工工具カード

製品名またはコード 部品名 典型的な軸 部品番号  
No. 工具番号 工具仕様名 加工面 注意
1 T01 高速度鋼Φ5mmセンタードリル 1 中央の穴を左にドリルする  
2 T02 高速スチールΦ20mmツイストドリル 1 穴を左にφ20mmドリル  
3 T03 超硬45°外部旋削工具 1 旋削外側輪郭、端面  
4 T04 5mmスロッティングナイフ 1 スロット  
5 T05 内部穴ファイル 1 細い穴  
6 T06 60°雄ねじ加工工具 1 旋削糸  
             

表4-1

8)切削量の選択
(1)ナイフの選択に戻って、粗旋回サイクルの選択は3mm、仕上げ旋削は0.25mm、ねじ粗旋削は0.4mm、工具は縮小、仕上げは0.1mmです。
(2)スピンドル速度選択、ストレート回転とアーク、選択粗旋削切断速度90m / min、仕上げ旋削速度120m / min、
次に、数式を使用してスピンドル速度を計算します。粗回転、500r / min、  仕上げ:1200回転/分

(3)送り速度を選択すると、ルックアップテーブルが粗回転を選択し、回転送りが毎回完了します。そして、1回転あたりの粗旋回の実際の判定方法は、0.4mm / Rであり、1回転あたりの回転終了は0.15mm / Rであり、最終的には以下の式により粗旋回を算出する。 仕上げ送り速度は、それぞれ200mm / minと180mm / minです。
前の分析のさまざまな内容を完全に分析し、NCプロセスカードに記入します。 これは、NC加工の準備とオペレータによるガイダンス文書の作成のための主な基礎を表しています。
主な内容には、作業ステップの順序、作業ステップの内容、切断ツール、および各作業ステップで使用される切断量が含まれます。

CNC加工プロセスカード

Pintejin metal

CNC加工プロセスカード

製品名またはコード

材料

部品番号

CNC旋盤技術の例

典型的なシャフト部品

45#スチール

 

従業員ID

プログラム番号

フィクスチャ番号

使用機器

 

ワークショップ

 

 

 

CK6140

 

CNCセンター

ステップ番号

ステップ内容

工具番号

工具仕様(mm) スピンドル速度(r / min)

送り速度f /(mm / r)

ナイフap / mmを食べることに戻る

注意

1

フラットエンド(左端)

T03

25×25

350

 

1

手動で

2

穴あけセンターホール

T01

Ø5

800

 

2

手動で

3

掘削

T02

Ø 20

200

 

15

 

4

重い瞳孔円(逆)の角度と勾配

T05

20×20

500

40

0.8

自動

5

    右の丸い内穴フィレットと傾斜角(1:5)、Ra6を確保するための斜角

T05

20×20

800

40

0.2

自動

6

左のプロファイルを50mmに回転させ、0.25mmのODマージンを残します。

T03

25×25

500

40

2

自動

7

    外面の寸法を仕上げる

T03

25×25

1200

15

0.25

自動

8

反対側を回して長さの寸法

T03

25×25

500

 

 

手動で

9

0.25mmのマージンを残し荒加工外面

T03

25×25

500

40

2

自動

10

外面の寸法を仕上げる

T03

25×25

1200

15

0.25

自動

11

スロット

T05

16×16

400

20

2

自動

8

荒加工雄ねじ

T06

16×16

500

 

0.4

自動

9

ファインカーの雄ねじ

T06

16×16

800

 

0.1

自動

編集

劉偉

コメント

 

承認する

 

合計1ページ

最初のページ

                                       

表4-2

(9)シャフトコンポーネントの手動プログラミング
左端ハンドラ:
O0020プログラム番号
N001 G21 G99 G97 G40;初期化手順
N002 M03 S500 T0303;スピンドル回転、速度500,3ナイフ、工具補正
N003 G00 X52 Z2;高速位置決めサイクル開始(52,2)
N004 G71 U1.0 R0.5;概要
N005 G71 P006 Q010U0.3 W0.1 F0.15;粗旋削、X方向に0.3 mmのマージン、Z方向に0.1 mmのマージン
N006 G01 X29.7 Z0;直線道路(29.7,0)
N007 X40 Z-16.5;ストレート(40、-16.5)
N008 G02 U6 W-6 R6;半径R6 mmで時計回りに(46° – 22.5)に回す
N009 G01 Z-50、直線から(46、-50)
N010 U2;直線から(48,16.5)
N011 G00 X31 Z2;サイクルの開始点への高速位置決め
N012 G70 P006 Q010 F0.15;外側輪郭を完成する
N013 G00 X100 Z50;ツールチェンジポイントに後退
N014 MO3;スピンドル定常
N015 M05;プログラムが停止しました

ハンドラの右側を回した後:
O0021プログラム番号
N001 G21 G99 G97 G40;初期化手順
N002 M03 S500 T0303;スピンドル回転、速度500,3ナイフ、工具補正
N003 G00 X52 Z2;クイック位置決めサイクル開始(52,2)
N004 G71 U1.0 R0.5;概要
N005 G71 P006 Q018U0.3 W0.1 F0.15;粗旋削、X方向に0.3mmのマージン、Z方向に0.1mmのマージン
N006 G01 X0 Z2;サイクルの開始点まで直線的に(0,2)
N007 G03 X20 Z-10 R10;工具を反時計回りに回して(20、-10); R6

N008 G01 Z-26.5;直線道路(20、-26.5)
N009 X25;直線道路(25、-26.5)
N010 U2、Z-1;直線状の点(27,27.5)
N011 W-22;直線的な点(25、-49.5)
N012 X32;直線からポイント(32、-49.5)
N013 G03 U4 W-2 R2;反時計回りに点(36、-51.5)に回す; R2
N014 G01 W-13;ストレートポイント(36、-64.5)
N015 X44;ストレートからポイント(44、-64.5)
N016 U2 W-1;直接点(46、-65.5)
N017 Z-68;直線道路(46、-68.5)
N018 G00 X100 Z50;工具交換点への迅速な位置決め
N019 X0 Z2は素早くループの先頭に位置します
N020 G70 P006 Q018F0.15;完全な外部輪郭
N021 G00 X100 Z50;工具交換点への迅速な位置決め
N022 G21 G99 G97 G40;初期化手順
N023 M03 S500 T0505;スピンドル正回転、速度500,5次ナイフ、工具補正

N024 G00 X38 Z-49.5; スロットにすばやく配置
N025 G01 X23; グルービング
N026 X38; 後退ポイント(38、-49.5)
N027 G00 X100 Z50; ツールチェンジポイントへの迅速な位置決め
N028 G21 G99 G97 G40; 初期化手順
N029 M03 S800 T0606; スピンドル回転、速度800、No.6ナイフ、工具補正
N030 G00 X30 Z-25; クイックポジショニング(30、-25)
N031 G92 X26.2 Z-47 F1.5; 加工されたスレッド
N032×25.7; 加工されたスレッド
N033×25.4; 加工されたスレッド
N034 X25.2; 加工されたスレッド
N035 X25.05; 加工糸
N036 G00 X100 Z50; ツールチェンジポイントへの迅速な位置決め
N037 MO3; スピンドル停止
N038 M05; プログラムが停止しました