ホーム » 製造ガイド » 機械加工 » かんな装置の特性の概要

かんな装置の特性の概要

Posted by: castingdie 2021-09-26 かんな装置の特性の概要 はコメントを受け付けていません

かんな装置、それは工作機械です。 そして、それは処理できる直線運動です。 ただし、生産性が低いため、単一または少量のバッチ生産にのみ適しています大量生産では、一般にフライス盤の代わりにフライス盤が使用されます。
プレーナーは主に、ブルヘッドプレーナー、プレーナー、シングルアームプレーナー、スペシャルプレーナーに分けることができます。

1. シングルアームプレーナー機器
シングルアームプレーナーには、単一の支柱とカンチレバーがあり、テーブルはベッドレールに沿って縦方向に往復運動します。 多くの場合、幅が広く、幅全体にわたって加工する必要のないワークピースの加工に使用されます。

2.ブルヘッドプレーナー機器
ラムとナイフホルダーの形状にちなんで名付けられました。 プレーナーは、タレットのツールホルダーに取り付けられて縦方向に往復運動し、さまざまな平面や溝を切断するために使用されます。 長さが最大1000 mmの中小サイズの部品に適しています。

ヘッドプレーナーの特性は調整が簡単ですが、シングルエッジ切削であり、切削速度が遅いため、戻りストローク中は機能しないため、生産効率は低くなります。 シングルピースの小ロット生産に適しています。 プレーニング精度は通常IT9-IT7、表面粗さRaは6.3-3.2um、ヘッドプレーナーの主なパラメーターは最大プレーニング長です。

3.プレーナー
プレーナーは、トップビームとコラムで構成されるガントリーフレーム構造から名付けられました。 ワークベンチは、ガントリーフレームをワークと一緒に直線往復運動し、大きな平面(特に長くて狭い平面)の加工によく使用されます。 また、溝の加工や、複数の中小部品の同時加工にも使用されます。 大型ガントリープレーナーには、フライスヘッドや研削ヘッドなどのコンポーネントが装備されていることが多く、これにより、1回のインストールでワークピースを機械加工、フライス加工、研削することができます。

プレーナーは、主に大きなワークピースを処理するか、複数のワークピースを同時に処理します。 ブルヘッドプレーナーと比較して、構造は大きく、構造は複雑で、剛性は良好です。 工作機械の動きの観点から見ると、平面の主な動きはテーブルの直線往復運動であり、送りの動きは平面の水平または垂直の断続的な動きであり、平面の動きとは正反対です。 ガントリープレーナーはDCモーターで駆動され、スムーズな動きのために無段階に調整できます。 プレーナーは主に大きな平面、特に長くて狭い平面の加工に使用され、一般に、ワークの幅は最大1メートルで、長さは3メートル以上です。